環境に優しいビジネス

昨日は、私共のグループで本部代行を務めさせていただいているバイオマスエネルギー

会議でした。現在、多くの方から加盟依頼を受けており、多数の案件が進行中です。

特に、この方は毎年1施設づつ増設をしていく計画で動いています。

他にも鹿児島秋田など私の仲間は、かなり進行しているのですが、

本部代行をしている岐阜は、行政から総ての応援をとりつけたのですが、

肝心な土地で足踏みしています。

出来ればエネルギー買い取り価格の見直しが行われる年度末までには、

開設するつもりでしたが、

土地の問題で今年度は、断念せざるを得ませんでした。

とにかく、このビジネスは、環境にとても素晴らしいことから、

世の中の為にも是非取り組みたいビジネスです。

また、売却先が国であり、20年間の購買契約をしていただけることから、

経済的にも安定したビジネスであり、

社員を守る為にも是非一日でも早く取り組みたい事業なのです。

私も担当者に任せっきりではなく、もう少し力の配分をこの事業にも注ぎ

今夏にはぜひともオープンしなければ、と、会議を終えて強く思ったのです。

では、エンジン全開といきますか。

遠山さん、会議もお酒も楽しかったですよ。次回の会議も楽しみにしています!

聞くがわのレベル、思考!

一昨日は、中部地区の澤田塾でした。
塾開催後に、塾の内容や感想を毎回提出してもらってることや
懇親会にて多数の方から、感想を聞くことで毎回思うことがあります。
それは、同じ場所で同じ時間同じ話を聞いても聞く側のレベルで
捉え方が大きく違うということです。
普段から、一生懸命考えながら目標、目的を持ち、それらを達成しようと
努力してこられた方は、やはり私の望む解答をして頂けます。
また、努力してこなかった方でも、センスのある人もおられます。
逆に努力していた方でもセンスのない人は、無理かなと思うような感想
を言われる方もおられます。
先日のブログでも、同じようなことを書きましたが、やはりこの方は、
努力もセンスも感じられる感想を、いつも述べられます。
このブログでも、私のことを過大評価してくれていますが、
今回は,私もかなりレベルの高い講義をした自負がありますから
今回の評価は額面通りで、受け取らさせていただきます。
この遅刻魔さんも、褒めてくれていますが、会社に帰って実践
できるのかは疑問ですね。だって伊豆山さんですから(笑)
あと、このお猿くんに,能天気な犬顔くんも、どうでしょうかね。
世界一いや宇宙一性格の悪い安藤さんは、いつもこの3人とこの親父は、無理無理と
言ってはいませんが、目が語ってます。同じくらい性格の悪い私には理解できます。
ということで、4人は、塾出入り禁止ということになりました。メデタシ、メデタシ!
この決定に不服のある方は、夢ホロン襲撃計画でもたててくださいな。
そうそう、安藤狸だけに、かちかち山計画なんかどうでしょうか。
では、狸汁楽しみにしています。

皆で改革しようではありませんか!

住宅業界の改革について先日もブログに書きましたが、

改革については、日本中で多くの方が以前から語っていました。

しかし、なかなか結果がついてこないというのが現実です。

もちろん、私もその中の一人です、というか代表例かもしれません。

その失敗の原因は、第一に俺がという心でしょうね。

とにかく、自分が格好いい役をやりたいという自分よがりの見苦しい心が最大なる

原因なのでしょうね。

大政奉還が成功したのも、竜馬の利他の心があってからのこそです。

自分だけの心には、世論は動きません。

とにかく、皆が幸せにならなければ当然ながら人はついてきません。

ユーザーも元請けも関連業者も総てが、幸せになる改革が必要なのです。

今の時代は、その真逆です。

工業化製品という最低な家を莫大な広告をかけ、

営業マンには地獄のノルマ、権力で国を同調した売り手主体の法律、

どれをとっても誰も幸せではありません。

しかし、こうした騙しの構造が今では

正しいとされユーザーからも支持を得ているのが現状です。

1ミリの嘘のない家造りを通して業界を皆でよい方向に持っていければと

最近、一段と強く思うようになりました。

皆が笑顔で、堂々とした家造りをすることが、

ユーザーにとっても一番の幸せに違いありません。

澤田塾のメンバー全員で、改革していこうではありませんか。

誰一人として欠けては成功しない大変な業務です。

皆、ベクトルを合わせて尽力しようではありませんか!

考え方

やっぱり仕事に真摯に、取り組んでいる会社は、ブログの内容も違うものですね。

同じ時間を、同じように共有しても感じ方、考え方が違います。

やっぱ、総ては考え方ですね。そうすれば必然と結果はついてきます。

こやつの会社には、土日の2日連続でセミナーに行きました。

アンケート結果は、2日で20件を超える方が1年以内に工事を希望しておられました。

一般的には、こうした好結果が出ると一喜一憂するものですが、

結果よりも彼は、家造りのなかみにんついて生き方についてブログを書いています。

また、あんなにも凄い掃除を7年も続けているこの人も、そこには天狗にならずに

謙虚に真摯に、掃除の前の会議について書いておられます。

これも、一般的には自分がやっていることだけで、天狗になるのですが、

自分の仕事は何か、立場はどこなのかという本質を知っているから

こうしたブログをかけるのでしょうね。

こうした現実をみると、やはりすべては考え方なんでしょうね。

考え方が甘かったりすると、継続した成長は望めないでしょうね。

やはり、まだまだ、心の教育が必要のようです。

今日は、中部地区の澤田塾です。皆にしっかり伝わるように私自身が

より謙虚に誠意を持った講義をしなければとの想いです。

それでは、いざ出陣です!

PS,ところで池野ちゃん、本あってよかったな。読み終わったら貸してーな。

   中学の時に読んだきりだから久々に読んでみたくなった。ヨロシク!

改革

住まいネットの全国大会終了後、私の指名したメンバーと
「神様が宿る家」のブランド戦略会議を行いました。
まずは、この家作りの目的を明確にしました。
我々は、家という箱を売っているのではなく幸せなライフスタイルを
売っているということを明確にしました。
具体的には、健康であり、メンテナンスレス、少ないランニングコスト
という経済的にも安心した家作りを提案しているということです。
また、住まいてだけではなく造りて側の幸せも明確にしました。
他にも多数の決め事を確認しました。会議を、進めるにつれて
これってまさに坂本龍馬が行った幕末の活動と同じようなこと
です。以前から、私は住宅業界の改革と言ってきましたが、
口とは裏腹にどこかで冷めていました。
今回、その冷めていた原因が分かりました。
それは、自分が改革して自分が、ヒーローになるというような
気持ちが、心のどこかにあったからでした。
また、家の性能だけを変えるという改革でした。
しかし、今回はここに携わる社員さんから協力業者さん総ての
人が、ベクトルを同じにするしか改革は出来ないことに
きずいたのです。誰一人の心が、かけても成立しないことに
気づかされたのです。私一人の力なんて微々たることという
現実に気づかされたのです。
そうした当たり前の現実を知った私は、俄然やる気が出てきました。
私も各業者も自分だけの我欲を捨てて大きな心で取り組むことが、
真の業界改革につながるのです。
「神様が宿る家」ますます楽しみになってきました。