進化

建築基準法では換気が義務付けられています。

一般的には第1種換気と第3種換気が用いられます。

第1種とは、機械で吸気を行いトイレ等の換気扇から

排気します。第3種とは、ダクトを用いて室内外の空気

を吸排出します。どちらの方法も、メリット、デメリット

は存在します。第3種のメリットは、コスト安ですが

外気温、PM2.5等の粉塵を大量に入室してしまいます。

第1種のデメリットはコスト高ですが、外気温や粉塵は

ダクトがあるため室内の汚れは3種よりはすくないですが

ダクトの汚れは凄まじいものがあります。

そうした欠点を「ゼロ宣言の家」では、大きく解消出来る

ようになりました、その方法は、先日、業務提携をした

企業の特許を取得した機械を用いる工法です。

その機械の特性は、粉塵の除去はもちろんのこと

外気温を入れないばかりか、熱交換器をしてくれ

夏は18度、冬は42度の熱に変換して室内に取り

入れてくれるのです。これほど優秀な性能を持ちながら

コストは第1種の1/3以下なのです。また、工事時間も

1時間程なので、リフォームにも最適なのです。

もちろん「ゼロ宣言の家」に取り入れれば、より

快適な室内環境となります。

またまた「ゼロ宣言の家」が大躍進なのです。

こうした技術が進化した上にコストは据え置き

というところがより進化の秘訣のひとつです。

 

数字

経営には、数字が基本です。

しかし、多くの経営者は、数字を知らなさすぎです。

決算書を売上と利益くらいしか見てない経営者が

あまりにも多すぎです。

建築でも、坪いくら、粗利何パーセントくらいしか

頭になく、本当の原価もどんぶりで、かなりお値打ち

というような、抽象的な言葉で見積りを決めるような

とてもプロとは言えない方が多すぎです。

もっと、経営の本質を知って頂きたいものです。

経営の基本は、数字ありきなのです。

 

理想

仕事は、時間よりも当然ながら結果です。

「がんばってます」は、いりません。

とにかく、結果を出さなければいけません。

なるだけ短時間で、結果出すのが理想です。

働き改革が推奨される時代こそ、利益/時間

を意識することが大切です。

統計学

今週も沖縄ー岐阜ー横浜ー東京ー埼玉で

17件ほどの土地診断させて頂きました。

この診断、やればやるほど、勉強になります。

やっぱ、磁場の良いところは、良い結果が出て

います。明治の時代、庄屋と言われた由緒ある

家系なんかの磁場は、なぜか良いのです。

磁場の悪いところは、健康や経済に問題があります。

年間5百件をここ十年ほど見てきた私としては

統計学としても、こうしたことは言えます。

家造りには、まずは磁場診断からです。

輻射冷暖

今回業務提携させて頂いた輻射冷暖欠点が

なさ過ぎです。提携したのが、先週半ばですが

私ひとりで、なんとなんと30超えの注文を

頂いています。初期投資は安い、導入後のランニング

も3割削減、なお且つ快適すぎる空間となるのです。

従来の輻射とは、真逆と言っていいほどです。

「ゼロ宣言」との組合せ楽しみな限りです。