経営をしてはいけない人

世の中で一番簡単になれる職業は、起業経営者です。

入社試験もないことから、やるといえば誰でもなれます。

だからなのか、甘えた経営者が多すぎます。

経営者なのに、決算書の見方も分からない、自社の決算書の数字も

覚えられないまたは、覚える気もないという信じられない経営者がいるのです。

いや、そちらの方が多いという事実があります。

ビジネスで一番、大事なことは、やはり、一番に数字です。

だから、数字に弱いようでは経営はしてはいけません。

ただし、経営者は税理士さんのように事後処理の数字に強いだけでは

いけません。未来の数字を、作りださなければいけません。

それも、具体的に作りださなえればいけません。

せめて半年先までの入出金表は作成して、いついくらのお金が入り

出るかということくらいは、やって当たり前です。

今後の月一の住医学会議では、徹底的に経営者と数字についての指導を

しようと思います。工務店経営時代に10億以上の経常利益を出した私の

やり方を習得してもらえるまで、厳しく指導しようと思います。

良い会社、敏腕経営者になりたい方は、出席必須です。

来ない方は、やる気がない方であり、経営をしてはいけない方です。

経営が出来ないと誰かに迷惑をかけることになるので

私も応援しないようにしようと思います。

もちろんセミナー講師等も遠慮させて頂きます。

是非、出来る経営者となり多くの方を幸せにしてほしいものです。

契約してはいけない会社

たびたび、思うのですが、よくあの会社と契約するなという

ような工務店に家を依頼される方がおられます。

例えば、家を建てるのに必要な現場監督がいない、設計士がいない

プロの営業がいない、ほぼ外注に頼っている会社では、まともな家なんて

出来ないのではないでしょうか。また、売上に比較して借金が多い会社も

心配です。あと、社長が仕事以外の活動に力を入れている会社も心配です。

社員が少なくとも社長が、仕事だけに尽力していれば、まだ安心なのですが

そうでない場合は、総て外注任せということで、とても心配です。

では、建築会社を選択をする時にどのような会社を、避ければいいのかと

いえば、設立10年以上の会社で未だに社長が営業している会社で

監督もいない、設計もいない会社は、やっぱダメですね。

こうした会社は、共通して私の経験上、クレームだらけでした。

先日、地元で倒産した会社もこれにあてはまります。

設立、間もないのであれば社長が、総てを兼務するのも理解出来ますが

何十年もやって家を建てるのに必要な人員も確保出来ないということは

仕事に興味がないか、よほど能力がないかです。

だから、こうした会社は、共通して借金だらけの自転車操業です。

いつ、倒産してもおかしくないのです。また、先日、倒産した会社は

必要以上に神様を頼るところがありました。こうした行動をする方は

努力したくないことから、なにかにすがりたいということなんでしょうね。

必要以上に神様ごとに力を入れている人も、経営の悪い会社の共通項です。

家造りは、やり甲斐もありますが、反面、本当に大変な仕事です。

365日、24時間、仕事のことを考えていて当たりまえなほどです。

私も現役時代は、そうしたことに気付いてからは、ゴルフも封印して

休日なしで、仕事漬けの毎日でした。だから、そうでない方は、この業界から

去って頂きたいと思うほどです。金儲けだけなら、他にもあるはずです。

不幸な人を増やさない為に、覚悟のない経営者は、清く退いてほしいものです。

と、私が言ったところで、簡単に辞められる方は、ほぼいないと思います。

だから買主さん側には、建築会社選びには、細心の注意をはらって

頂きたいものです。建築会社選びが、その後の人生を決めると言っても過言では

ないというのが、私の思うところですね。

お金儲け

一部の例外もありますが、仲間の工務店の殆どの経営状態が良くなっています。

嬉しいことです。仲間が、裕福になり笑顔になるのは嬉しいかぎりです。

お金が総てではないことは、重々、承知していますが、それでも、皆

お金に余裕があれば自然と笑顔になります。お金に困れば暗い顔に

なります。まだ、自分が落ち込むだけならいいのですが、倒産をすれば

多くの方に迷惑がかかります。連鎖倒産等で、自殺される方もおられるほど

です。ビジネスは、人に喜んで頂く為にやるものです。その為には、悲しいかな

お金が必要です。きれいごとでは、済まされない現実があるのです。

だから、皆にお金を儲けてほしいのです。

そして儲けたあとは、社員の待遇を良くしたり、お客様のために良い家を建てる為の

投資をしっかりして、その周りが幸せになるという良い連鎖になればと

思います。また、納税や雇用も増やすことで国力を上げることも大切だと

思います。言葉だけで良い国にするというだけではなく、行動も伴うように

頑張りたいと思います。

憧れ

企業のリーダーに、カリスマは必要ないと、このブログで何度も

言ってきました。ということは、オーラとかも別になくてもいい

のではと、最近、つくづく思います。

また、見た目も普通が良いと思います。

若い時のように格好よくみせたいとか、見た目で相手を威嚇したいという

気持ちから、今は、180度、考え方が変わってきました。

どこにでもいるような普通の親父になれればと思います。

見た目よりも、優しい心に憧れますね。

自然体

年末から年始にかけて、セミナーオフ期間が約1カ月ありました。

ゆっくりとした時の流れの中で、自然と自分について考えていました。

今迄の過去を、自然と回顧している自分がいました。

結論として、後悔はしていませんが、ロクな行動をしてこなかったと

心底思ってしまいました。ロクな行動をしてこなかったということは

まともな心を持ち得ていなかったということです。

とにかく、なんでも競争をして勝てば官軍的な言動を繰り返して

いました。競争も必要なんでしょうが、あまりにも極端すぎて

バランスが悪すぎたように思えるのです。

で、これからの人生は、最近、度々、ブログに書くことですが

奪でもなく与でもなく自然と周りが穏やかに自然体の笑顔に

なれるような雰囲気が醸し出せたらなと思います。

もちろん、忘己利他の精神は、変わりませんが、それをはりきって

行うのではなく、自然体で当たり前に出来る人間になりたいのです。

「やってやった」「俺が」という言葉は、もういいかなと。

最近、こうしたことをなぜか強く思うようになったのです。