穏やかに

8月にグアムで挙式をあげた三人姉妹の長女が

11月1日に日本でも結婚式をあげました。

最初の予定では、日本での挙式だけだったのが、私が酔った勢いで

グアム挙式をしてあげるいったことが発端で二回もの

挙式となったのです。実は、グァムでの挙式をすることに

なったのは、私が、ただだんに酔っぱらっったからではなく

日本での挙式は、親の援助は一切なしで自分達だけの力で

やりたいということだったことから

親として何かしてあげたいとの気持ちからでした。

今回は、2回目のウェディング姿でしたが、やっぱ、感無量でした。

教会に入場する前に、娘が横にならび、たった一言、小声でなんの意味もなく

「おとうさん」と言った時には、感慨深いものがありました。

いつまでも若いと思っていた私も、知らない間に娘を嫁に出す年代

になったようです。人は、皆、人それぞれでしょうが、様々な経験を重ね

歳をとり人生を終えていくのですね。

出来れば晩成は、総ての方を肯定して穏やかな晩年をおくれたならと

思えたイベントでした。

数字を上げる人

数字の成果が出ない仕事は、やはり、どこかに間違いがあるのでは

ないでしょうか。私の経験からすれば、その間違いのま第一の原因は

その人の心にあるのではと思います。真剣に数字を出そうという意識

や想いが低いいことです。特に経営者ではない、社員さんに多くみられます。

そして次に考えらることは、仕事そのものが、数字に直結していない

仕事をしていることです。

とにかく、ビジネスである以上、数字を上げないと継続出来ません。

また、数字をあげれないと自分自身が辛いものです。

だから、数字をあげる意識を持つことは、とても大事なことだと思うのです。

広島出張、かなり成果がありました。

成功すること間違いなしと確信しました。

というか、数字的にかなり大変なことになりそうです。

その根拠はといえば、オープンする場所に一日平均1万人にほどの

集客があることは、もちろんですが、スタッフの人柄、仕事への姿勢

技術どれも、申し分なかったからです。

ビジネスを始める前から、こんなにも揃っているのは

稀の中の稀だと思います。多くの出会いに感謝ですね。

直感

私は、昔からなんでも即決即断でした。

事業で、数億の借入を必要とする投資でも、ろくに

調査もしないでその場の雰囲気で即決即断をしてきましたし

現在もそうしています。なぜなら、どれだけ考え悩んだところで

成功する保証はないからです。その事業が、失敗したところで

金がなくなるだけという考えもそうさせているのかもしれませんが

心配よりも挑戦の心を大事にしていることが一番の原因だと思います。

だから、これからも臆することなく、ガンガンと直感だけを信じて

勝負していきたいと思います。

広島

今日は、広島で新規ビジネスの打合せです。

広島の若手の精鋭の彼とのコラボです。

1億近い投資をするのにも、呑んだ勢いだけで決め

オープンの時期が迫ってきているのにもかかわらず

ほぼ、打合せなしで、ここまできたことから

いい加減な私でも流石に、尻に火がついたことからの

ミーティングです。ということで、とりあえず広島とやらに。