凄い話 

私の悪友兼親友である彼が8月に移植手術をします。

臓器提供者は、身内である彼の奥様です。

法律上、臓器提供者は、家族でなければいけないようです。

そんな彼に何度も自分の臓器提供を訴え続けた彼の部下がいます。

以前から何度も、訴え続けていましたが、法律に挫折していましたが、

それでもあきらめきれず今度は、養子縁組を親友にもちかけたそうです。

むろん、人の世話になることの嫌いな我が親友の剛ちゃんは、笑い飛ばしましたが。

しかし、凄いことです。皆、口では言えますが、実際に行動に移す人は

どれだけいるのでしょうか。

部下にここまで慕われるリーダーが、どれだけいることでしょうか。

これも、総て普段からの剛ちゃんの行いだと思います。

以前、労働監督署が剛ちゃんの会社の査察にはいり、残業について指摘がありました。

その事業部だけで、数百万の残業代を支払うようにとの指導があったそうです。

その時、剛ちゃんは、指摘がなかった全事業部にも、率先して残業代を支払ったそうです。

一般的に営業会社は、歩合制度です。残業代は、上場企業でも支払わない場合が多いようです。

ただし、法的にはアウトのようですが。監督署からの指摘は、1千万弱でしたが、

彼が皆、平等との精神から実際に支払った金額は、たしか4千万以上だそうです。

こうした普段の実際の行動が、今回、ひとりの部下が起こそうとした凄い行動につながるの

でしょうね。人間力の低い私には、剛ちゃんのような行動をしてくれる部下を持つのは

今生では無理でしょうね。しかし、凄い話だと思いませんか。

あなたには、そうした部下がいますか。

あなたには、そうした上司がいますか。

誓い

今日は、亡き父の一周忌です。

早いもので一年が、経過しようとしています。

しかし、私は、成長していません。

父の遺体の横で、決意した行動が、出来ていません。

見苦しい私の我が、出てしまいます。

心底染みついている私の我欲が、出てしまいます。

冷静に自分を見ると、ほんとうに嫌な奴です。

感謝の出来ない、足りない心が、私の行動に

出てしまうのでしょうね。

今日は、もう一度墓前で誓ってこようかと思います。

ある誓いを。

当たり前のこと

先日、久しぶりに長野に行ってきました。

こちらもまた、またまた、久しぶりに2トップと

会談させて頂きました。今回、お邪魔したことで、

直接、会うということは、いかに大事なことかを

今更ながら、痛感しました。携帯電話とかでは、伝わらない

こと、逢うと伝わるものです。また、腹をわって話せば伝わる

ことも、大事だと思いました。私の場合、遠慮というものが

ないですから、相手の立場も配慮せずに総てを赤裸々に

図々しく語ってしまうところがあります。

今回もというより、今回はいつもに増して

失礼にもズケズケでした。そんな失礼な私に対しても

大人の対応をして頂き、ロジカルな解答をして頂きました。

よって以前と比較して、よりやりやすくなったのです。

私のとても大事な仲間である工務店に、良い条件となったのです。

工務店が、良くなるということは、ユーザーさんにも良くなるという

ことです。詳細は、割愛させて頂きますが、結果としてより良い方向

に向かった気がします。今回のことで、真っ正面から向き合い、

本音でぶつかることの大事さを、またまた認識させて頂きました。

ちなみに、今回は、私以上に真っ向勝負のある方の行動があったおかげ

で、事がすんなりと進みました。

半人前以下の私は、当たり前の事を、この歳になり学ばせて頂いて

いるのです。有難いことですね。

楽しかったですね。

月曜は、親友とあいました

手術まで、あと1月半と迫った彼と、二人っきりで呑みました。

語りました。笑いました。

しかし、なんかいあっても素敵な男です。

魅力ある人間です。なんとも、不思議な魅力の持ち主です。

器が大きいというよりも、オーラがあるというよりも、

もっと、もっと素敵な不思議な魅力があるのです。

会社が伸びるはずです。社員が、成長するはずです。

井上剛一という求心力に良い魂が引き寄せられ、

成長しています。仕事くらい成功するはずです。

そんな魅力ある兄弟との楽しい一夜でした。

魂レベルの高い方 

「ガラスの仮面」という漫画御存じでしょうか

なんか40年ほど連載が続いているみたいですね。

恥ずかしながら、私は知りませんでした。

この漫画の作者のみうちさんとお会いすることになりました。

とにかくスピリュチャルな方だそうです。

以前の私だったら有名人とお逢いするのは、ノーサンキュウでした。

イチローとの食事も断りましたし、星野仙一さん、さんまちゃん、坂東さん、和田あきこさん

グループの豪州旅行も断るほど、逢うのが嫌でした。

だって、お山の大将ですから、自分よりもかなり有名な方とは会いたくない

ちっぽけな人間だからです。

しかし、今回は半強制的でした。

このお方、かなりの高い魂をお持ちだということで、なんかお逢いすることに

なってしまったのです。

なんか、私のような人間と逢っていただくのは、先方に申し訳ないように思います。

なるだけ、迷惑をおかけしないようにお逢いしてきます。

そういえば、先月は、ほめ達さんとも、お逢いしましたし、10月はサンプラザ中野さんと

一泊でセミナー合宿に参加します。魂レベルの高いお方は、私の有名人コンプレックスも

取り除いてくれるのかもしれません。

こっちの世界は、なかなかいいのかもしれませんね。