相手に伝えるということ

昨日、久しぶりに斉藤一人さんの本を、少しだけ読みました。
以前、読んだ本がトイレにあったので、目を通したほどですが。
どの本も一人さんの本は、とっても簡単でとっても分かりやすいです。
あの簡単さが、一人さんが成功している原点なんでしょうね。
簡単で分かりやすいということは、優しさだと思います。
同じことでも難しくしか伝えられない人もいます。
難しく伝えれば相手側に凄いことのように、勘違いしてもらえるかもしれません。
しかし、それでは伝わらないことが多々あります。
話をするというには、目的があります。
それは、相手に理解してもらうということだと思います。
なかには、ビジネスや宗教で理解させないように話す場合もあります。
内容がそれほど、凄くないので、わざと難しい言葉を使う場合や、
長く続ける為にわざと難しい言葉を使う場合もありますが。
こうした確信犯的なことを、除いて考えるとやはり相手には、
なるだけわかりやすく伝えることが大事だと思います。
思いやり、優しさ、ギブとはこうした日々のなにげない行動なのでは。

言葉よりも行動ですね!

ビジネスって面白いですね。面白いというのは、お金儲けが楽しいという意味ではありません。ビジネスのやり方を見るとそのトップの本質が見えるから面白いのです。
いくら、人前で良いことを話しても、それではその人の本質はわかりません。
しかし、行動にはやはり、その人の心が出ます。
行動とは、次のようなことです。
まずは、社員に対して愛情があるかです。社員教育をしっかりしている方は社員を愛しています。逆に社員を愛していない人は、教育もろくにせずに失敗をすれば頭ごなしにしかりつけます。または、一切、社員の行動や言動を把握していない場合です。こうしたトップの下で働く社員は、下請けや販売店に思いやりがなく、仕事もいい加減にこなすように感じます。社員の次にみるところは、協力業者についてです。例えばメーカーという立場の企業には、代理店や販売店というその企業の商品を扱う体制となっています。
良い考えのトップの企業は、協力業者に感謝があります。社長以下の会社全体が、自社商品を売って頂いていることに感謝の気持ちから言葉や態度に出ます。また、協力業者になるだけ負担をかけないような体制になっています。例えば在庫は持たせないようにすべて、メーカーからの直送。広告宣伝に力を入れて営業活動のサポートがあります。
逆に悪い考えのトップは、この素晴らしい商品を扱えるだけで幸せだと思え的なところがあります。そうした企業は、協力業者に感謝の言葉さえありません。また、営業のサポートもろくにないうえに在庫を持つのは当たり前、そればかりか直売もします。また、協力業者の利益は薄利で、自社の利益だけは有り余るほどあるというパターンもあります。
やはり、そうした感謝のない企業は、ユーザー目線にもなれないケースが多いものです。
自社の商品は、素晴らしいから買って当たりまえ、買わない奴はアホだという考えになりがちです。まさかと思われるかもしれませんが、実際にこうした企業が多数存在しているのです。当然ながら、そうした企業の協力業者も多数存在します。
私は、その会社のトップがいくら立派なことをのべようとも、現実を見つめ、本質をみるようにしています。現実こそがすべてですから。だから行動、実行あるのみです。
行動に勝る言葉なし、常に肝に命じていたいものです。

となりの竜馬さん

9月のにんげんクラブの全国大会で、我ら澤田ファァミリーの家造りのドキュメント本が
発売されます。上巻、下巻合わせてなんと600ページにも及ぶ超大作です。
この本は、建築の技術書ではなく、私の周りの方の人柄がドキュメントを通じて
赤裸々に書かれています。著者は、私達の活動に共感、感動された一般の主婦の方です。
ほんの題名は、『となりの竜馬さん』です。
とにかく、めちゃくちゃ、面白かったです。
是非、読んでみてください。
ちなみに書店での販売は、10月の中旬です。

伸びる企業

名古屋にブロンコビリーという外食チェーンがあります。
ハンバーグ、ステーキの専門店で、株式上場企業であり、
利益率も業界3位という優良企業です。
この不況の世の中でも毎年売上、利益を伸ばしている超優良企業です。
その会社の利益の秘密を、私の知人がDVD収録したものを先日、見せてもらいました。
その秘密とは、社員を大切にしていることでした。
社員教育になんと年間2億円ものお金をかけているのです。
また、お金だけではなく社長が、すべての社員と真剣に向き合って接していることです。
上場企業のトップといえば一般的に運転手付きの高級車で出勤して、
豪華な社長室でふんぞりかえっている方が多い中、
この会社の社長は自ら電車通勤、社長室はおろかデスクもなく、
社内のあいている場所を転々と業務しておられます。
仕事は、社員が主役だからという考えから、まず、社員の働く環境を
自分よりも先に考えておられるそうです。
もちろん、料理の味もピカイチです。
しかし、そんなことは当たり前だと言われます。
プロだから味が良いのは当たりまえ、味だけではお客様は満足されないということを
当然とおっしゃっていました。
この企業が競争が激しい外食で勝ち続けている意味がなんとなく分かった気がしました。
我々なんかは、少し技術が良かったりすると技術だけにうぬぼれて傲慢になってしまいます。
また、リーダーが常に一番であり部下の言葉に耳を傾けないものです。
成功している企業とそうでない企業の差は、こうした目に見えないソフトの部分にあるのですね。
商品が良くて当たり前、それは最低限に必要なこと。
リーダーの満足よりもお客様とそこに従事する社員や関係者が主役。
勉強になりました。
日々、毎秒、こうした気持ちを持ち続けていなければと痛感させられたDVDでした。
気付きに感謝です。

今日からお仕事です。

今日から業務再開です。
今年は、珍しく5日も夏休みしました。
 
数年前までは、考えられないことです。
以前は、休むのが恐かったのか、仕事をしていないと落ち着きませんでした。
30代の後半までは、朝6時くらいから深夜12時までの業務というような生活でした。
休みは、年間合わせても数日でした。
勤勉なことが成功につながり、人間として立派なことだと思っていました。
ただ最近では、少しその考え方が変わってきました。
長時間、休みなしで働くのは根性をつけるための修行のためにはなるでしょうが、
業績が上がるかといったら僅かな原因にしかならないでしょうね。
その目的を達成するための要因、原因を突き詰めた仕事をすれば
短時間でも成果は得られるからです。
目的の明確化と、その目的達成するための要因の究明が出来れば
長時間労働するよりも、断然、成果が得られることが、数十年の歳月を経て
理解できたのです。
だから、長い休みも恐くなくなりました。
ただ、猛烈に働いた経験により、こうしたことが理解できたというのもあります。
若いときは、猛烈な長時間労働も必要だとも思います。
まぁー、なにはともあれ時間は有効に使いたいものです。
では、後期も宜しくお願いします。