新プロジェクト

来秋の消費税増税後には、住宅業界はより不況に

なることかと思います。まぁ、増税がなくとも

少子化の影響で、着工件数の減少は当たり前なの

ですが。ただ、嘆いていても抜本的な解消には

なりません。少なくなった中でも勝ち抜かなけ

ればいけません。もちろん、その戦略も必要

ですが、パイの少ないものを奪いあうだけでは

危険過ぎます。そんなことから、我々「ゼロ宣言」

を扱うグループでは、別の市場開拓にも着々と

計画が進んでいます。今回の計画は、住宅では

なく、あの市場とこの市場ということもあり

違う業界との提携で進めています。

まだ、ブログでは発表出来ませんが、今回の

提案には、異業種の方もかなり乗り気で

数億円ものモデルと、もうひとつ、あるものに

すでに着工しています。

ありそうで気づかないこれらの市場への

参入がとても楽しみでなりません。

テレビ、雑誌の取材も、同時に進めています。

そんなこんなで、またまた、多忙です。

 

「まさか」よりも

災害報道を見る度に心が痛みます。

今回の災害は、私の地元でも起きたことから

その恐さ、災害後の復旧の大変さが身にしみます。

うちの地域は、災害には無縁の地域であり、日本で最も

災害の恐れのない地域は、岐阜県関市と岡山だと度々

耳にしていました。しかし、今回の災害では、このふたつ

の地域も大打撃でした。だから、地元では殆どの方が

「まさか、うちが」と口を揃えて仰っていました。

今回の災害で分かった事は、被害が起きるときは一瞬で

起きたということでした。昔と違い情報は、わりと簡単に

得られる時代です。悪天候などの時には、自らアンテナを

張り巡らせ「まさか」よりも、備えあれば憂いなしの気持

を持つ事が大事だと思いました。災害後の悲しい報道の主に

ならないためにも、そうした心は持ち得たいものです。

 

 

久しぶりの郡山

今日は、2年ぶりに郡山でセミナー開催です。

最近は、新規の会員さんが増えたこともあり

今迄、開催出来ていなかった土地や今回の

ように、新旧の入れ替わりでの復活という

ように、セミナー開催地も多数の地域で

行うこととなりました。

こうして「ゼロ宣言の家」が、日本中に

広まることは嬉しい限りです。

感謝です。

プレゼン

「ゼロ宣言」の技術は、今や家だけでなく、病院やらマンションなど

の家以外にも多く採用されるようになってきました。

で、今日は、それを加速させてくれるであろうと、在る企業への

プレゼンです。今回の企画は、かなり面白いことになりそうです。

来秋の消費税の増税後、数年は冷え込むこの業界だと思いますが

それを覆す面白い戦略だと思うのです。

とにかく、ワクワクなのです。

 

 

 

必要なこと

先日のセミナーでお会いした方が「数年前に家を建てたのですが

数社の話を聞いたのですが、著しく値引をしてきた業者は断り

値引をしなかった業者に決めました」と、業者の決め方について

お話をして下さいました。この話を聞いて納得です。

あまりにも大きな値引きだったり、意味もなくコストが安い家は

やはり、どこか無理をするものです。

こうしたことからも、お客様が必要とするノーメンテ、低燃費

健康に必要なことには、こだわることが大切だと認識しました。

やっぱ「ゼロ宣言の家」しかないかなと認識したのです。