ビックリ

防火違反建築を調査していたらビックリ。

うちのクアトロ断熱そのままの断面図が

堂々と載っているではありませんか。

ただ、クアトロではなく、ヘキサなんちゃら

断熱と,さもオリジナルのようなネーミングが

記載されていました。驚くことに壁断熱だけ

ではなく、屋根、基礎全て同じ。

他にも、免疫住宅やら、うちが以前使用して

いた馬鹿高くLEDにも対応していない上に

なんのエビデンスもない分電盤までも。

この会社のHPを見ていたら、「ゼロ宣言」

かと勘違いするほどです。

地域的にも、防火を必要とする地域なので

レオパレス並みの違法建築の可能性も大です。

うちの工法で確認が降りているとすれば

新潟と同じように役所の失態です。

防火違反取締弁護士軍団にフル回転して

もらうしかありません。

ノーモア防火違反なのです。

 

換気

「ゼロ宣言の家」で使用するダクトレスの

第1種の熱交換器システム最高です。

熱交換した空気、断然、冬はエアコンより

断然暖かいです。もちろん、夏は涼しい

です。また、花粉、PM2.5などもの汚れた

空気も除塵することから、快適な空間になり

ますが、殆どの家では第3種を使用している

ことから、外気をそのまま取り込んでしまい

悪い環境となってしまうことから究極口を

閉じて使用しておられることから、Co2濃度

が、安全基準を超えて脳細胞が死んでしまう

という恐ろしいことが行われています。

上記の理由から第3種換気では、良い空間つくり

は無理というものです。

 

ビジネスモデル

凄いビジネスモデルを考案です。

それも、人を幸せに出来ることで

ありながら、利益も確保出来るのです。

ある敏腕コサンルに、このモデルを

説明したところ「凄い絶対成功する」

との嬉しいお言葉を頂きました。

いくら金が儲かっても住宅業界に

ありがちな体に悪い毒を売ったり

点検という名目で脅しての受注

とかは、人として絶対にやりたく

ないのです。人様に喜んで頂ける

ことがまずは大前提なのです。

賞賛

多くの医師から「ゼロ宣言の家」で

最も賞賛される部分は、分電盤です。

今までは電磁波を抑えるしか術が無かった

のが、良い電磁波に変換する技術は凄いと。

そしてそれを証明する試験場での証明がある

ことで、信用出来ると。

健康住宅で人体に悪影響の電磁波垂れ流し

有り得ないです。

 

防火違法建築

「ゼロ宣言の家」の会を退会すると同じ工法は

出来ない契約になっています。

しかし、退会しても日本中で、類似品だらけ

です。先日のブログにも書いたように

セルローズファイバーと、モイスという下地

外断熱パネルの組合せは、日本で我々しか

防火番号を取得していません。

組合せを、変えれば防火番号違反になります。

しかし、モイスの認定番号を明記すれば

明らかに違法なのに役所は、図面をチェック

しないことから、燃える家が日本中に建てられ

ています。まさにレオパレスです。

そんなことから、退会後、違法建築をしていた

会員に何度も忠告したのですが、全く聞く耳を

持たないことから、裁判となり判決が出たのです。

その判決とは、クアトロ断熱だけではなく

外部にEPS を使用してはいけないという厳しい

判決でした。こうした判決となったのは

人命に関わる違法建築を撲滅という裁判所の

意向でした。また、裁判所からは、全国にこうした

業者があれば、摘発して欲しいとの要望も

頂きました。ということで、レオパレスでは

ありませんが、弁護士グループを作成して

全国の違法建築摘発に乗り出すことにしました。

防火違法建築撲滅なのです。