耐震等級

熊本の直下型震度7の地震でもクアトロ断熱の

パネル住宅は無傷でした。その家は、免震の

地盤改良もなにもしていないのにも拘らずです。

また、311の震災でも関東、東北でも被害は

皆無でした。しかし、国の指針である耐震性能3

は、外壁の落下、ひび割れが多数ありました。

ということは、耐震等級の高い家は、コスト高を

招くだけでなんの価値もないことを立証してくれたのです。

国の基準よりも、事実に目を向けるべきなのです。

だから「ゼロ宣言の家」は、形だけの国の基準は

断固否定なのです。

コスト安こそ利益を産む

私が工務店を経営していた頃は、とにかく

販売価格を安価にすることに重点を置いて

いました。もちろん、性能は下げずにです。

しかし、販売価格を下げる訳ですから一棟

当たりの利益は当然ながら減ります。

しかし、年間の会社の利益が減るのかと言えば

逆の現象が起きるのです。なぜなら、棟数が自然と

増えることで、利益率は悪くなっても総利益は増える

からです。また薄利でも経営が出来るように、完璧な

マニュアルを作成し無駄を極力省いた経営を志し

ていたことも高収益の原因でした。

しかし、経営能力のない経営者は、目先の利益に

走り、年間で赤字を出すという無能な経営を繰り返し

ています。長い目で見て安定した収益が出せるそんな

企業作りであり戦略が必要だと思うのです。

 

お誘い

最近、いろんな方からビジネスの

お誘いを受けます。あれをこれを

手伝って。社長やって。アドバイス

して。顧問になって。

どれも、高額なフィーです。

こうしたお誘いは嬉しいかぎりですが

全部、お断りさせて頂いてます。

なぜなら、自由がなくなるからです。

それと、なにかをやる時は、誰かの

引いたレールを歩くのは私はどうも

性に合わないからです。

人生は、オリジナルのオンリーワンと

決めているからです。

とにかく、わがままなんでしょうね。

 

 

 

人生

知合いが子供に会社を世襲させるかで

悩んで相談に来ました。

で、私の答えは鶴の一声で「好きにしたら」

そしたら「じゃあ、あなたならどうする」

私「絶対にしない。」

知合い「なんで」

私「自由がなくなるから」

坂本龍馬のように幕末は成し遂げても

その後は執着しないで自分の好きな人生

を生きるのが私の理想なのです。

1度しかない人生です。誰になんと言われ

ようが、自分の人生は己のものです。

自分で決めて自分で歩む権利があるのです。

 

CMの威力

久しぶりに凄い見積りを見ました。

30坪のリフォームでなんと3千万。

それも、超ローコストのビニールクロス

合板フロアー仕上げ。

そんな凄い見積りを提出したのは

リフォーム業界NO1の売上のある業者さんでした。

知合いの工務店を紹介したら、1/3の金額。

それでも、日本で一番のリフォームの売上

があるのです。

テレビCMの威力は凄いです。