やりたくないこと

10年前、株式公開を目指していた時は、正直つまんなかったです。

税引き後経常利益とか労働分配率とか、自己資本比率とか難しい

言葉いっぱい使ってそれらの表を作り会議してました。

そんなくだらないことより、お客様に真摯なビジネスやってるか

どうかの方が大事です。言葉だけでなく、その仕事がどうかです。

人体に悪い材料を使ったり、数年ごとにリフォームが必要だったり

それをシステム化して利益を出してもなんの意味もないことだと

私は思います。能力がないから合法的な詐欺をしているだけに

すぎません。まぁ、それも人それぞれですが。

私はやりたくない人生です。そんなことをフッと思いました。

 

 

覚悟

以前は、誰かが経営を失敗すれば、かわいそう

との思いから、お金を貸すとか何かの支援を

していました。しかし、今は、そうした支援は

しないことにしています。経営者になると決めた

瞬間から、最悪の覚悟はしなければいけませn。

日本で10年継続する企業は、3割に満たないのです。

こうした数字からも、経営をするには余程の覚悟と

努力がいるものです。

自分で決めた人生です。誰の責任でもありません。

経営という一番大変な職業を選択したからには

命がけにやるしかありません。

起業するのは簡単ですが、良い結果を出すことは

並大抵では出来ません。それでも、己で決めたこと

です。誰の責任でもありません。経営は、誰も助けて

くれません。だから、覚悟を決めてやるしかないのです。

 

 

 

 

見える人

本質が、見える人は少ないものです。

ビジネスを、やっていると本当によく分かります。

結論から考えられない方や上手くいかない原因の

根本を考えられない方などが、その典型的です。

そうした方は、真実から目をそむけ、何か楽な

ものはないかと探し続けますが、結局は真の力が

ないことで、何をやっても成功しません。

まぁ、甘えなんでしょうね。戦国時代のように

失敗が死に直結する境遇なら、皆、考え方も

変わり、死にものぐるいで生きるのでしょうが。

というのは時代錯誤かもしれませんが、いつの

時代でも、限界に挑戦するというのには

変わりありません。私の人生は、真剣に生きることが

最も大切なのです。

無視

仕事が良好な時は連絡がついていたのに

少しなにかがあれば、電話も出なくなるメール

の返信もないという経験をしたことのある方も

少なくないと思います。私は、どれだけ嫌な相手

でも、都合が悪くても無視をすることはしないよう

にしています。人として卑怯なことだと思うからです。

ただ、こうした行動をされると以前は、腹が立っていた

ものですが、今は、相手の人間性が分かることから

早く見切りがつくので、それはそれで有難いと思える

ようになってきました。そうした行動が出来る方は

自分の都合が良い時だけに利用する人間性の持ち主です。

だから、相手側から付合いを断って頂けるのは、有難い

ことなのです。腹をたてるより、むしろ今では感謝なのです。

 

 

日曜

今度の日曜は、露出が多い日です。

朝7時から地元のFMラジオで30分ほどの放送。

午後からは、島根県の統合医療の全国大会での講演。

500人ほどが、来場されるようです。

そんなこんなで、多くの方に真実を伝えらる機会を

たくさん頂いています。有難いことです。