相談窓口

来月から各地で、住宅相談窓口をオープンします。

今迄は、「ゼロ宣言」のみを広めてきましたが

今回の試みは、住宅に関する総ての相談にのることです。

もちろん、そこでもゼロ宣言の家の良さも伝えせて頂きます。

今のところ30地域ほどでオープン予定ですが、今年中には

100店舗、5年で500店舗ほどにはしたいと思います。

今迄は、主としてセミナーが情報発信源でしたが、それでは一部の方

にしか広める事が出来ません。より良い家造りを知って頂く為に、こうした

試みも大切な事だと思うのです。

 

 

集客

昨日まで沖縄でした。住医学研究会への加盟募集セミナーを

開催させて頂いたところ、平日にも関わらず70社超もの業者さん

が参加して下さいました、同日に東京でも、開催させて頂いたところ

東京会場にも、ほぼ同数の業者さんに参加して頂きました。

最近では、同様なセミナーは多数あることから、今回の集客数は

異常と言えるほどです。また、良かったのは集客だけでなくアンケート

結果も、ほぼ全社が我々の資材を扱いたい、または、ゼロ宣言の家造り

に参加したいとの有難い解答を頂けたのです。

7月には、沖縄の200名会場で、一般及び業者向けセミナーを

予定していますが、収容人員の倍以上の集客という、これもまた異常な

事態となっています。こうした結果が出るのは、やはり本物を扱って

きた事に尽きると思います。

これからも、さらなる技術進化を追求したいと思います。

押売り

お節介な私は、仲間の行動を見て失敗するような行動を

していると、頼まれてもいないのに意見してしまう傾向

があります。これを親切な押売りというのでしょうね。

よくよく考えてみると、私が失敗と思えることでも、本人

は、そう思わないかもしれません。私自身も、他人の価値観で

とやかく言われるくらいだったら、言われずに失敗した方が本望です。

だから、よかれと思うことでも言うのは、なるだけやめるように心がけ

ています。相手側に欲された場合のみでいいかなと。気楽にいこうかと。

だから、私自身も自分の欲さないことはやめることにしました。

あまりにも文句ばかりいう工務店とかのセミナーは、やめることに

しようかなと。気持よく必要とされるところだけでいいかなと。

自分の価値観での親切の押売りも、嫌な気持を押し殺しての義務的

な行動もやめることにしたのです。

人生、気の合う方と和気あいあいと望み望まれ感謝しあえる間柄だけ

の付き合いだけでいいかなと。楽しく生きたいものです。

 

慣れ

人間、慣れとは怖いものです。

あって当たり前になってしまうと、感謝がなくなる

どころか不平不満に走ってしまいます。

そうなってしまうと、自分では気づかないうちに下降方向に

向かってしまい、あって当たり前のものがなくなった時に

気づくものです。これは、私自身が何度も経験してきたことから

痛切に思います。生かさせているだけで幸せと思えたら人間どれだけ

幸せに生きれることかと思います。そんなふうに生きたいものです。

 

工務店経営

最近、多くの工務店さんとお会いします。

狭小産業の住宅業界ということもあり、殆どの方が

苦しんでおられます。それも一級建築士や一級施工管理

の資格を持ち、何十年もこの世界で生きられてきた建築

のスペシャリストでありながら、経営難の方が殆どです。

工務店の平均粗利は、10%ほどしかないという悲惨な状況です。

皆、藁にもすがるように私に相談を持ちかけてこられます。

私も、ジリ貧工務店の2代目ということもあり、同じような経験を

したことから、こうした工務店経営者の気持は痛いほど分かります。

技術も経験もなく大した努力もしていないのに、良い商品を持ち

粗利も高いのにその境遇に感謝しない方より、住宅のプロであり

この業界の地獄を見てきた方と仕事がしたいと心底思えます。

私の会でも、異業種の利益の高い業界から来られた方と工務店

の厳しさを経験された方とは、大きく違います。

前者は、いくら良い商品を持っても利益が上がらないと自分の経営能力

不足、知識不足等棚に上げて人を批判する傾向にあります。しかし、後者は

商品が良いことに感謝し、利益が上がらない時は自責とし、さらなる努力を

されます。後者の方とは、お互いに苦労が分かることから、日々情報を交換

しながら切磋琢磨して楽しく過ごさせて頂いてます。

どちらが、良いか悪いとかはないですが、楽しく仕事を出来る方と

歩みたいものです。