痛い

先日、吞んだ後の締めに、ココ壱にいきました。

で、私の友達が、御丁寧に私の注文までしてくれました。

注文したのは、なんとなんと10辛のカレーでした。

出てきたカレーの色は、黄色ではなく、まさに赤色でした。

その赤色の物体を、口にいれてみたら、辛いを超えて痛いでした。

食事は我慢して食べるよりも、美味しく頂くものだと痛感しました。

10辛もう、ゴメンです。

 

 

 

 

 

 

 

予定

先日、来年の日程をほぼ決めました。

まだ、8月なのにと言われるかもしれませんが

私自身としては、来年の日程案を毎年7月には決めます。

で、関係者に提出して審議の結果、この時期に決定となるのです。

なぜ、こんなに早くと言われますが、早く決めれば相手側にも

迷惑をかけるのが少なくなる上に、こちらの希望も通りやすいから

です。私にとって未来の想定は、大切な時間をより大事にすること

なのです。タイムイズマネーなのです。

表現

一昨日のブログで誉め殺しした飯島先生から昨日

電話頂きました。「ブログに載せて頂き恐縮です。よりお役に

立てるよう精進します」と。まさに、得のある方です。

あと、「あれほど凄い生体エネルギーが、まだ進化しているのですか。

でも、ブログでも簡単にさらりと分かりやすく伝えているのに潮時はない

でしょうと、勝手に画面にツッコミいれましたよ」と。

それを聞いた私は、そんな取り方をする真面目な人がいるんだなと。

で、「先生、バカ正直すぎですよ。単純なんだから。潮時という表現は

それほど技術が凄いという私なりの表現ですよ。そんな取り方をする人は

先生ぐらいですよ。新聞でも週刊誌でも、文章では、伝えづらいことから

いろんな表現を用いてるんですよ。あと、さらりと簡単にと、仰いますが

施工のやり方は誰でも伝えれますが、その価値を分かって頂いて

お金を頂くように伝えるのが、難しいのです。方法を伝えるくらいことは誰

でも出来ます。やり方ではなく、仕事として伝えるのが、潮時というくらい

難しいのです」と説明すると納得して頂きましたが。

でも、こうした電話を頂いて飯島先生の真面目さに、より好感が持てました。

持つべきものはは、悪徳単純弁護士だなと(笑)

冗談はさておいて、飯島先生のようにとられた方もいらっしゃると思いますので、

もう一度説明させて頂きます。

飯島先生にもお話したように、潮時と表現したのは、とにかく進化が早すぎて

私の予想を遥かに超えていたからです。また、価値を分かって頂きお金を払って頂くのには

今までの手法では、到底、無理だということの表現だったのです。

皆、いろいろ言いますが、目に見えないものを伝えるのははかなり大変なのです。

たまには、弱音も出るのもご勘弁下さいです。

でも、それくらいの技術だからこそ、やりがいが持てるのも事実です。

ということは、結果としてこの技術に携わせて頂けることは幸せということです。

だからこそ、生体エネルギーに感謝なのです。

でも、今回の技術は凄すぎて私なんかで、いいのというのも本音のところですが(涙)

 

 

 

潮時

盆明けの生体エネルギーの勉強会で、また、また新しい

技術を教えて頂きました。あの技術を応用すれば多くの

方が幸せになること間違いなしです。

ただ、どう広めたら良いのか頭を悩ませています。

とにかく、技術、発想が先に行き過ぎています。

生体エネルギーの勉強会に参加したことのない一般の方

では、理解するのは、かなり困難だと思います。

また、その技術を用いても、家のエネルギーはあがりますが

見た目では何も変わらりません。施工時の放射エネルギーは、見えないは

家の見た目はなんら変わらないでは、伝えるのは私には困難だからです。

簡単にやり方を説明すれば、特殊なコンクリートから出る

放射エネルギーを電波で建物に放射させて家のエネルギー

を、その方が望むようにアップするという方法です。

これを、生体エネルギーの新型リフォームと教えて頂きました。

それに関わる時間は、数分ですし、その工事には騒音もホコリも

なにも存在しません。それでも、結果は出ます。まさに画期的な発想です。

それでも、見えないものは、とにかく伝えることが困難です。

ただ、周りの方は伝えるのは、それほど難しくないと仰います。

ということは、私には、伝導者として能力がないということです。

そろそろ、生体エネルギーを広める役割も潮時かなと思います。

優秀な人材にバトンタッチ出来ればベストなんですが。

素敵な方

うちのグループの顧問弁護士である飯島弁護士素敵です。

大好きな親友から紹介を受けたから当然といえば当然

ですが。それにしても、人としての魅力の塊です。

私より一回り以上歳下ですが、人間力は私なんかでは

足元にも及びません。とにかく、謙虚で素直で勤勉で

熱い方です。仕事に対してもの情熱も、半端ありません。

こんな方と同じ時を同じベクトルで過ごせる事が、幸せだと思うのですね。