行く末

昨日、従弟の家の完了検査を行いました。

当初、工務店側から施主である従弟には、仕事の忙しい従弟を

気づかってくれたのか、検査はやっておくから立会わなくていい

引き渡しは、鍵を渡すだけだからとの説明を受けたそうです。

取扱い説明もなし、検査も施主抜きなんて聞いたこともありません。

ということで、工務店側に施主立会の検査と取説ありの引き渡しを

要望したところ、私抜きで従弟と検査をしたようですが

手直しなしは一切なしで清算書が届いたようです。

工場生産ではない建築の検査で手直しなし

なんてありえないことです。何万棟も造ってきた私でも一回の経験も

ありません。強いて言えば自分の家だけは、職人さんの大変さを

知っているからか一言も言えないことからありませんでしが。

家の設計から金額、現場打合せ等の総てを従弟から依頼されていた

私としては、自分の目で納得した商品にしないと

従弟に申し訳がたちません。

ということから、昨日、追検査を行ったのです。

検査の結果として100箇所ほどの手直しがありました。

手直しと言っても手抜きとか欠陥ではありませんが。

私の現役時代の検査は、精密機械を検査するように

鬼の検査をしていたことから、建築屋レベルではない

ことからこうした結果となったのだと思います。

工務店側には厳しいかもしれませんが、数千万ものローンと

35年も付き合わなければいけない施主さんを思うと

当たりまえのことだと思うのです。

こうした姿勢、視点、気持ちが工務店側にあって当然だと思います。

なんでもいいから、金をもらい造り逃げをするという姿勢では

工務店を続ける資格はないと思うのです。

また、人としてもどうなのかと思ってしまいます。

自社を大事だと思うならばゆるい視点ではなく、より厳しく鬼の自主検査

を行うのが当たり前なのではないでしょうか。

こうした姿勢、視点があるかないかで

会社の行く末が決まるのではないでしょうか。

もし、このブログを読まれたなら、これを機会に施主さん側に立った

想いの行動になってほしいものです。

素晴らしい職人さん達がたくさんいる会社です。

真剣に思えば良い会社に簡単に変われるはずです。

スタッフの為にも、家族の為ににも、そしてなにより

自分の為にも奮起して頂きたいものです。

お勧め本

以前 ある会で一冊の本を勧められました。

その本の題名は、確か「聖書の暗号」だったと思います。

内容は、聖書には未来が総て暗号として書いてあり、それを解読

したようなことが書いてありました。

その他にも、普通では知ることが出来ない不思議なのか、本当かよ

というような出来事が書かれていました。

まず、ニューヨークセンタービルのテロは、イスラム圏の石油欲しさに

戦争を起こすためにアメリカ政府が仕組み自演自作であり

聖書にはあの事件が起きることはは暗号で書かれていたとか

坂本龍馬はフリーメーソンだったとか、ロスチャイルドが世界を

金で牛耳っているというようなことが、数百ページの超大作で

書かれていました。本嫌いの私には、迷惑な量でしたが

なんとか読破しました。

やはり、あまりスピリュチュアルではない私でも未来が分かる

となると期待したんでしょうね。

で、結末なんですが、未来が分かることは

やはり大問題が起きるとかで聖書には未来に起きることが

総て書かれているが、その時代に起きる事件のパターンが

何十種類も書かれていることから、そこに書かれていることは

どの出来事が起きるのか過ぎてみないと分からないとのことでした。

だったら、その書いてある何十種類の総てを発表して将来どれかが起きる

とか書いてくれればいいのですが。

結局は、分からないということなんでしょうが。

何週間もかけて読んだ私としては、この結末には

まさに青天の霹靂でした。

読書に使った時間返せ的な気持ちになったものでした。

でも、今となっては、高度なドッキリにはまったようで

楽しい思い出です。

というより、未来や前世とかカルマとか、くだらないことに興味を

持つとろくなことがないとの教えを頂いたようで実は感謝なのです。

是非、不思議好きさんと、自虐的な方には読んでもらいたい一冊です(笑)

 

「0宣言」を扱う我々の仲間を見ていてなるほどと思うことがあります。

それは、リーダーの考え方、人間性で売上や社員数、お客様満足度等が

如実に結果に出ていることです。

お客様を向いていない方は、厳しい我々の会を離脱して

なんちゃって0宣言の家造り。性格が素直でお客様と社員を

しっかり見ている会社は、見ていない会社の売上も一気に抜き去り

経営状態を良くして社員の待遇も上げ、家造りに必要な社員数も確保させ

お客様の不安をぬぐい去りお客様満足度を上げています。

こうした結果は、どの会社も総て、社長の心

人間性とリンクしているのです。

こう考えるとビジネスで1番大事なことは、やはり心なんでしょうね。

諦めません

先週の澤田塾、アイジーさんのスタッフ3人の発表立派でした。

絶対に、私では育てられないと思うハイレベルでした。

剛ちゃん立田部長のリーダーシップには頭が下がります。

しかし、こうした素晴らしい会社となりお客様に大満足を与える会社も

あれば、どれだけ指導しても変わらない会社もあります。

実際のところ、こうした会社に対して、私も諦めそうになったことは

1度や2度ではありません。だって、リーダーがお客様よりも目先の金しか

考えられないのです。そりゃ、第三者がどれだけ厳しく指導しようが

変わるはずがありません。と頭ではわかっていても、私は諦めません。

一度でも同志となったからには、お客様の為に生きる幸せ

使命感という真の幸せを知ってほしいからです。

お客様からお金を頂いている以上、精一杯に行動をする

ことが我々が出来る真の対価だと思うからです。

言葉だけ、商品力だけではなく、皆が選んで頂けたお客様の気持に

応える行動をすることが当り前に出来るまで諦めません。

愛、信+数字

成果を上げたら報酬がもらえるインセンティブ制度は

良いことも悪いこともありますが、私としては、あまり賛成は出来ません。

なぜなら、よほど人間力が高くないと、報酬の源である売上ばかりに目が

いってしまいお客様寄りの視点がなくなる恐れがあるからです。

それよりも最初から社員を信じ最高の歩合を達成した時を想定した

報酬を最初から与えればいいと思うのです。

だから、うちの会社では、そうした報酬制度としています。

歩合制度と比べて早くは成果が出にくいかもしれませんが、社員を信じて任せれば

いつかは必ずそ成果が出るに違いないと私は信じて疑いません。

もし、それで失敗しても、それはそれで仕方がないことだと思います。

ビジネスとは、「愛」であり「信」という心をいかに持つかであり

結果はあとからついてくるものだと思うからです。

但し歩合でなくとも数字をあげる目標努力は怠ってはいけません。

ビジネスとは、愛であり信を持ちながらも、いつも数字を意識するという

バランスが大事なことはいうまでもありませんが。