前世での約束

そういえば、お猿のこのブログを読んで、前世でお猿さんと約束したことを思い出しました。

たしか、あれは、なんてあるわけないですよね。

以前は、曼荼羅を書くスピリチュアルな方に、澤田さんの前世は、「宮内栄」という

特攻隊員と言われたこともありました。また、三重のナサの機械を操る先生からは、

澤田さんの前世は、300年前のアジアのある地域で、かなり、やり手のキャリアウーマンとも

言われました。また、ある方からはスペインで実業家と、他にも、江戸時代の〇〇

エジプトの〇〇、また、来世は、修行がいらないから神になるとか、ビジネスは今世で極めたから

来世は、ビジネスではない〇〇の修行とか、なんか、いっぱいあるようです。

こうした話題が多いということは、多くの方が見えないものに興味があり、大好きなんでしょうね。

私も、もう少し暇になるか、目標がなくなるか、世の中に通用する実力がなくなったときは、

こうした話題に入れるかもです。なんの責任も存在しないこうした世界なら、

穏やかにいつまでも好き放題のことを語っていられるでしょうね。

でも、今はまだ、やることだらけなので、とうぶんの間は、そうはなれないでしょうね。

というよりも、やっぱ、私には、「今ここ」が、お似合いです。

現実を、しっかりみて、今を一生懸命ですね!

ということで、細猿君は、この話題が好きな団地の井戸端会議にでも。

前世の約束は、なかったことにですね(笑)

 

人財

企業の経営において、人を育てることは、とても大事なことです。

育てる人とは、なにも若い社員だけではありません。

幹部であれ、古参であれ、その立場、立場で常に育てなければいけません。

その中で、一番、大事なことは、信じることであり、任せることだと思います。

そうするためには、リーダーは、忍耐が必要です。

それは、そうなる為には、ある程度の時間がかかるからです。

その期間とは、1年なのか3年なのかは、分かりませんが、

リーダーとしては、かなり長く感じる時間を要すると思います。

一般的には、そうした期間には、その部署などは、赤字になりがちだからです。

それでも、任せた以上は、怒らず、焦らず、口は出さないで、

笑顔で報告を聞き、必要最小限なアドバイスくらいで、成長を待ち続けることが

必要だと思います。だから、リーダーは大変なのです。

だから、リーダーには人間力が必要とされるのです。

心友の彼のお蔭で、こうしたことにも気づかせてもらえたものです。

企業は人なり、人材とは人財ということを。

私を指導してくださる彼のような素晴らしい人罪が育ったのも分かる気がします(笑)

 

気になるようで。

昨日のブログが、気になる方が多いのか、「今度は、なに」とか

「西の彼って誰」とかの電話を、何人かの方から頂きました。

そのひらめきですが、既に昨日から現実に向けて行動しました。

昨日は、隣家の葬式ということで、田舎ならではの式以外のお付き合いもあり、

いちにち、ほぼ、拘束だったこともあり、それらのあいまに実行に向けての

ラフスケッチなどをしておりました。それをやればやるたびに、絶対に当たるという

確信に変わってきたのものです。また、この業界の第一人者に相談してみたところ、

「面白い。絶対にあたるね。なんで、いつも、こんな面白いひらめきが浮かぶの」

とまで言って頂きました。自信が確信に変わるはずです。

ということで、とにかく早く、実行に移したいものです。

ということで、あとは、西の彼の交渉力次第ですかね。

それでは、良い報告をお待ちしています、がんばってくださいな!

なんのために仕事をするのか!

昨日まで3日ほど、9人ほどの仲間と出張してました。

もちろん、皆、神宿にかかわる仲間達です。

この出張ですが、ひとことで言えば、とにかく楽しかったという表現ですね。

初日は、私も珍しく、仕事についての考え方、進め方、建物の設計

その考え方を熱く語りました。少しは、参考にして頂けたかと思います。

その後は、とにかく、和気合いあいで、久しぶりに腹の底から笑いました。

この出張で、何故、仕事をするのかが、とても明確になった気がしました。

それは、この仲間と仕事という厳しい世界で

同じベクトルで触れ合っていたいからです。

その中で私の仕事と言えば、皆が成功するように導くことです。

その導きも、今回の出張で、帰りの乗り物の2時間で新しいひらめきがありました。

まずは、西のあの素敵な彼と挑戦することになりそうです。

たぶん、この、試みは、以前のオーパスの時のように、

業界に新しい旋風を起こすことだと思います。

なにはともあれ、参加された皆さん、お疲れ様でした。

なかでも、出張先でも、清掃ボランティアをされた信楽焼きさんは、

本当にご苦労さまでした。

それでは、また、機会があればです!

 

利他の心を持ってほしいものですね。

世の中の為に活動する心がある会社は、やはり業績が伸びています。

3年前の震災から、いち早く、音頭をとり今でも中心的に活動している

無添加計画は、実に3年で3倍も、売上が上がりました。。

3年間、毎月、神奈川から、ほぼ徹夜で車移動をしてきた相陽建設

毎年、確実に売上が伸びています。また、グリーンライフに、太田建築工房

3年間、毎月、参加されています。やはり、売上が伸びています。

また、毎週、地元の神社の早朝清掃を自主的に行っているなごみホームは、

売上0から、たったの4年で6億という快挙を成し遂げています。

他にも、自社でボランティアを長く続けているアイジーに、

ホロンもやはり売上が、飛躍的に伸びています。また、こうした会社は、クレーム少ないという

現実があります。こうしてみると、やはり、世の中で言われていることは、的を得ているようです。

例えば、金は後からついてくるとか、ローマは一日してならずとか、こうした言葉が

当てはまっています。皆の模範となる立場にありながら、金儲けだけに走り、こうした

活動を軽視していた会社は、やはり、という行動に走ったのもうなずけるものです。

神宿を扱うリーダーさんには、是非、利他の心を無理やりではなく、普通に持ってほしい

ものです。そうなることが、一番、幸せになることだと思います。皆、そう思いませんか。