搾取レス 

昨日も「ふわっと」についてふれましたが、今日もまたまたです。

私はオーナーとしてこのお店に出資しましたが、一切の金銭的見返りは求めません。

この方法が、良いか悪いかは、いろんな考え方があると思いますが、

とりあえずこのお店は、下記の目的の為に純粋に取り組みたかったのです。

このお店の目的は、昨日のブログにも書いたように、岐阜で一番笑顔のある

お店になることです。とにかく、この地で、いろいろなビジネスをさせて頂けていることを

笑顔という感謝の行動でお返したいのです。

また、私が推奨している神宿の標準仕様である生体エネルギーを用いた空間と

ラジエントヒーターを用いた食を体験して頂きたいとの目的もあります。

現在、このお店は大繁盛店ですが、経営は赤字です。

その原因は、こだわった食材であり、スタッフへの高待遇であり、こだわりのデザイン店舗

という空間への投資などが、提供価格と比較して高いということが原因ですが

それはそれでいいかと思います。

こうした想いの店舗は、きっと近い将来には、利益体質に変わる予感があります。

そうなれば、その利益はスタッフで分けあうこともいいでしょうし、お客様になにかの方法で

還元するのもいいでしょうし、それはスタッフに任せてあります。

とにかく、経営者、オーナーが搾取しないお店としたいと思います。

そうなれば、また、皆が一段と良い笑顔になってくれるのではないでしょうか。

ふわっと以外の私のグループ会社の多くは、リーダーという理由だけで働いた以上に

搾取するような資本主義制度ではありません。

また、企業にありがちな管理等もなく、総て個人の自主性に任せています。

「ふわっと」も、是非とも早くそうなってほしいと思います。

店舗の借金が返済でき、黒字体質になれば今の幹部に、このお店の

総てを譲渡するつもりです。そうした約束もしてあります。

もう、誰かの犠牲になる社会は、必要ないのではないでしょうか。

皆が平等の社会作りこそが、今の私の理想なのです。

そうなる為には、力のある人が搾取するのではなく、分け与えることが必要だと思います。

なかなか、難しいかもしれませんが、ギブの心で行動したいと思います。

 

 

 

笑顔 

私のグループ会社の中に、「ふわっと」というレストランが

あります。百席以上もある席数ですが、土日のランチは一時間待ちです。

平日も、ほぼ満席となります。しかし、大繁盛店でありながら、赤字会社なのです。

こうした結果には、様々な要因がありますが、そこはさておいて

私はこうした現状にはそれほど不満はありません。

なぜならば、ふわっとをオープンした目的は、利益だけではないからです。

まず一番の目的は、お客様の笑顔をみたいからです。

私の職業は、建築という性質上、お客様の笑顔をみるまでは

とても長い時間を要します。また、数に限りがあります。

しかし、飲食は多くの方を一瞬で笑顔にすることが出来ます。

また、年齢性別を問いません。お年寄りから、幼児まで幅広い客層なのです。

お店を覗いた時に多くのお客様の笑顔をみるとなんともいえなく幸せになります。

お客様が幸せになるのは、味はもちろんですが、それだけでは、満足して頂けません。

第一にスタッフの心です。良い心が良い応対となります。

だから、スタッフも笑顔になって頂ける環境が大事です。

こうした多くのことに気を配りながら

岐阜で一番、笑顔のあるお店になることが目標です。

甘え

中小企業は、本当に仕事にたいして甘い考えの方が多いものです。

絶対にやる、やらなければいけない、出来るまで努力、挑戦するという

気持ちがない方が多すぎです。

当たりまえのことを当たり前に出来ない人が多すぎです。

先日、セブンイレブンのおにぎりに関する本を読みました。

セブンイレブンのおにぎりは、一日400万個売れるようです。

今は、そうした驚異的な数字ですが、そうなる為には想像を絶する挑戦が

あったそうです。また、ライバル他社を大きく引き離した今でも慢心することなく

毎日たゆまない努力をしているようです。

商品開発部の方は、女性であれ

毎日100個のおにぎりの試食を欠かさないようです。

当然のことながら、毎日、たんぱく質を食べ続ければ太ります。

それでも、グチも言わず仕事だから当然ですと笑顔で応えられたのことです。

多分、これとおなじことを中小企業で行えば、不平不満、グチでしょうね。

それを言わないまでも、不機嫌極まりない態度で、周りの雰囲気を悪くする方が

多数なのではないでしょうか。

我々、中所企業に属する人間は、こうした仕事への甘えを、真摯に受け止めなくて

はいけないのではないでしょうか。

仕事と捉えるよりも人としてどうかと考えなければいけないのではないでしょうか。

自分の置かれた立場に感謝して言い訳をせず、笑顔で努力をしなければと思います。

仕事人である前に、人としてどうあるべきか考える必要があると思います。

人に迷惑をかけているのならば努力して改善する必要があります。

もし、そうした努力が出来なければ、辞めるしかないと思います。

今一度、冷静に真摯に自分を見つめてほしいものです。

そんな話を今日の神宿協議会で話したいと思います。

では、みなさん、のちほど!

50歳 

やっぱ40代と50代とでは、体力的に大きく違います。

半年前に、大台に乗った私は、痛切に感じます。

昨年までは、ほとんど無休で仕事をしていました。

しかし、今年に入り、そのパワーが一気に衰えたように感じます。

土日のセミナーの遠征翌日は、体が動きません。

まるで、鉛のように感じます。

やっぱ、人間には休養と節制が必要なことが、

この歳になり始めて分かったようです。

しかし、まだまだ50歳です。まだ、やるべきことがたくさんあります。

だいぶガタが来たこの体と上手に付き合いたいと思います。

皆さんも体、ご自愛してくださいね。

 

ブラック企業的な考え方

ワタミとかは、ほんと、ブラック企業みたいですね。

月数回の休日で、一日20時間労働もザラです。

これと比較すれば住宅業界の方が、まだまだマシだと思いますが、

それでも出社は7時前後、帰宅は22時過ぎ、週休も未だに週1しか与えない、

有給なしで月給25万という方が一般的ではないでしょうか。

これでは、そこに働く方も会社自体も絶対に良い会社にはならないでしょうね。

経営者は、常に社員の生活の向上を考えなければいけないですし、

社員は短時間で利益を上げれる方法で行動しなければいけません。

しかし、上記のような会社の時間や給与形体では、そうした考えになるのは

経営者も社員側も、かなり難しいのではないでしょうか。

改善策としては、お互いの立場で常に話逢うことが必要なのではないでしょうか。

まぁー、この問題も企業の永遠の課題でしょうね。