執筆 

「神様が宿る家」シリーズの第3弾、やっと執筆に入りました。

年初の予定では、8月発売だったのですが、

中々、重い腰があげれず、執筆行為には入れませんでした。

人間、嫌なことは、後回しにするものです。

執筆のあの苦しさを何度も味わっている私は

なかなか行動にうつすことが出来なかったのです。

そこで、今回は、前回のような1週間で執筆という過密日程はやめて

数か月の時間を要しようと思います。

で、出来た時が、発刊という予定で行こうと思っています。

今回も、今まで以上に赤裸々に真実を語るつもりです。

例え、それが批判をかうことでも、あるがままを赤裸々に書くつもりです。

きっと、このブログを読んで青くなっている方もいることでしょうね。

もしかしたら、ビビっているのは、いつも手抜きの君ですか?

第2回神宿推進協議会

次回、神宿推進協議会全国大会の講師の方は、

かなりユニークで為になる人選です。

初日には、現役ソニー生命の全国NO1営業マンであり、

この本の著者である鎌田聖一郎さん、

そして、昨年秋田で素晴らしい自宅を建てられたお客様に

お客さんの立場から工務店に望むことを講演して頂きます。

翌日には、定番となった新建ハウジング三浦社長に講演をお願いしています。

今回も、前回同様に会員の皆さんにきっと満足して頂けることだと思います。

労わります!

何十年ぶりかに、胃が痛くなって一昨日は、寝込みました。

きっと、彼もそうであるように、流行りの病気かもしれませんが。

3連休が、2週、続いたことで、セミナーと移動疲れかもしれません。

タイトな日程に加え、セミナー後は、毎回、深酒してしまいます。

各地で、久々に仲間にあうと、嬉しくて、ついつい

長時間、呑んで語りあってしまいます。

良い仲間とこうした付き合いは、なかなかやめれません。

しかし、心は気持ちよくとも,体は悲鳴をあげているようです。

従って、今日からの岡山、大分遠征のセミナー後

の懇親は、お断りメールしました。

少しの間、体を労わろうかと思います。

ということで、みなさん、誘わないでくださいね。

では、岡山とやらにきび団子でも、食べにいくとしますか。では!

 

 

自覚 

神宿を扱うメンバーにも、かなりのレベル差があります。

技術は、ほぼ同じなのですが、考え方、責任感には、大きな差があります、

私のもとに、入ってくるお客様からのクレームには

時には絶句するものもあります。

先日も見積書とプランを一度、出しただけで、まだ、ほとんど詰めていない状態で

いきなり契約書と振込先を送りつけたというのです。これ、ハウスメーカーより

ひどいレベルです。まさに絶句です。

他にも、クレームに手直し工事に行ったのにもかかわらず

養生なしで工事にとりかかりお客様に注意されると

「大丈夫、傷着いたらなおせばいいから」という信じられない応対。

クレームが入れば、いの一番に駆けつけるのが、世の中の常識なのに

目先の金儲けを優先して、引き渡した後のお客様は二の次

ひどいところは忘れたふりをして放ったらかし。

こうした問題ある業者は、やはり、いつも同じことをします。

クレーム率も、いつも上位にいます。何度、注意をしても治りません。

トップの心に欠陥があるとしか思えません。

私もかなり努力をしてきましたが、何度言っても治してもらえなければ

こうした業者がいることでお客様を初め

仲間にも迷惑がかかるので、辞めてもらうしかないかと思います。

神宿を扱うプロとして自覚を持ってほしいものです。

 

 

勤勉

健常者の我々は、そうであることに感謝して仕事や、ボランティアを

一生懸命しなければいけないでしょうね。

とにかく、人として勤勉に行動することが、とても大事なことでしょうね。

どれだけ、知識があろうが、立派に語ることが出来ようが、

仕事もしない、ボランティアもしないで、世の中を良くするために語っていると言われても、

私はそうした方が、どれだけ良いことを言われようが、その場で感動させ涙させようが

納得することは出来ません。

健常者である以上、そう生まれたことに感謝し勤勉に行動、継続することが、

基本なのではないでしょうか。

当たりまえのことを当たり前にすることが、大和こころの基本だと思います。