英断

明日、兄弟が入院します。

来月7日が手術です。

手術前も、手術後も見舞うことは出来ません。

かなり、大変な手術のようです。

よく、決断したものです。

ドナーの奥さんも含めて凄い決断です。

しかし、その決断は、かならずや英断となることでしょう。

なにもできない私は、ただ祈るだけです。

医学が進歩した世の中です。

良い結果になるに決まってます。

では、井上夫妻頑張ってください。

私は、祈り続けます!

ご自愛下さいね!

金曜から昨日まで、東京ー新潟ー群馬という

お約束の強行日程終えました。

夏バテなのか、今回はかなりキツくかんじました。

今日は、午後から会議なので午前中は、なんと

ついさっき10時まで記憶を失っていました。

11時間もの熟睡でした。

おかげで、かなり楽になりました。

やはり休養も大事ですね。

猛暑に天候不順です。

ブログを読んでくださってるみなさんも

くれぐれも体、ご自愛下さい。

再び医師会です!

矢山先生が主催されておられる医師会から、またまたお呼びが、かかりました。

ありがたいことです。嬉しいことです。

私は、この医師会が、どの医師会よりも大好きです。

リーダーの矢山先生の素晴らしい人間性が、にじみ出ている会だからです。

この医師会は、一般的な医師会とは違い、

様々な分野のお医者様が所属されておられます。

様々とは、歯科、整体という分野の方も属しておられるのです。

分野が違っても皆さん、平等で仲がとてもいいのです。

謙虚で勉強熱心で素直な方ばかりです。

類は類を呼ぶという諺が、当てはまる会です。

矢山先生の人柄そのままの会なのです。

こうした、素晴らしい人間性の方ばかりの会から、講師依頼嬉しい限りです。

感謝、多謝以外なにものでもありません。

精一杯頑張ってきます。ただし年末ですが!

知りながらにして害をなすな

安藤さんが仰っておられるように、「0宣言」って、

別に特別なことではなく、当たり前のことではないでしょうか。

先月の医師会でも発表したように、

「0宣言」の家と比較して、「0宣言」でない家のVOCは、

100倍以上という現実もあります。

もちろん、双方とも生体エネルギー資材を用いているのにも

かかわらずこれだけの差が出てしまうのです。

知ってしまったからには、良心がゆるさばければ

「0宣言」使用以外は、出来ないはずです。

しかし、知ってしまってでも、やらない方が

いるのも事実です。

では、なぜ、そうした行動をとられるのでしょう。

工業化製品の家造りが、安易だからでしょうね。

簡単に施工でき、利益を出しやすいからでしょうね。

ドラッガーの言葉にあるように、「知りながらにして害をなすな」

こうした心での家造りしていきたいものですね。

 

根っこ

この人は、嘘の住宅を造り続けていたのですね

顔に、似合わず実は悪い人だったんですね。一級建築士のかざかみにも、おけないですね。

仲間として恥ずかしいかぎりです(笑)

さてさて、偽物を造ってきた方は、これくらいにして本物の家造りにおいて

いちばん大事なことは、 私は断熱だとおもいます。

ある医療フォーラムでは、断熱の悪い家では、 高血圧の方は

より悪化するデータの発表がありました。

また、あるNPOでは、断熱効果をあげると4割の病気が、

改善されたデータも発表されました。

考えてみれば至って当然なことです。 温度差がなければ体への負担も軽減されて 当然

ですし、結露もおこりにくいことから カビの発生も防げ、

空気も綺麗になって当然です。

空気が、きれいならば自然治癒力も高まり、 病気もなおって当然だとおもいます。

私は、健康をいちばん重んじることから、 家つくりでは、

まずは断熱にこだわります。

断熱工法で、今のところ、私がおもうには 世界一の断熱工法は、やはりトリプル断熱です。

人によって大事なものは、デザインかもしれませんし、 コストかもしれませんし、

人それぞれ異なりますから、 何が正しいのかは、分かりませんが、

私は、まずは健康イコール 断熱にこだわります。

それらを満たしてから、デザイン等の部分に入ります。

これが私の家つくりの根っこなのでしょうね。

しかし、いくら根っこがあっても、あのセンスのないエンブレムだけは

つけないことにこしたことはないでしょうね。