講座終了しました。

先週、紫微斗数の講座が終了しました。

風水講座から1年半もの長期の勉強会でした。

風水も紫微斗数も、凄い学問です。中国4千年の歴史は、深いです。

我々が勉強した風水で、平安教、平城京、日光東照宮、相撲の土俵、首相官邸、甲子園球場、

皇居などが、計算され造られたようです。

家相は、明治42年に園田信次郎さんという方が、風水を簡略化したようです。

風水は、家だけではなく、十干十二支等の星を用います。

家相は、家の間取りだけで星の計算式はありません。

だから、総ての方が、鬼門という悪い場所は、同じです。

全員同じなんてありえないと私は思うのですがどうでしょうか。

また、風水とは真逆の教えもあります。

今年は、五黄土星が真ん中に来るので、全方位ふさがっているので建築工事は、

避けたほうがいいと言われているのですが、全方位開けたから建築をするべきという

教えもあります。なんか、恐ろしいことですね。数千年前から教えられたことが、

100年前に突然、変わってしまったのです。とても、不思議なことですね。

では、我々は工事をしないかと言えばそうではありません。

悪いことを改善するレメディーという改善策を用いるのです。

そうした改善方法を勉強してきたのです。

また、紫微斗数という星を用いた計算式も、とにかく適格な学問です。

私の父が、亡くなった年も、計算から出てきました。

私の娘は、26歳で結婚すると計算から出ていました。娘は、来年、結婚式をあげるので

これは、当たらなかったと思ったのですが、旦那様の転勤等の問題で、急遽、6月1日に

籍を入れることになり、これもまた、娘の星に出ていたことが実際におきてしまいました。

他にも、多くのことが、星と一致していました。とにかく、自分の人生を見極める良き

アドバイサーのようです。自分の人生の羅針盤に、もってこいの学問なのです。

我々は、家という箱を売るだけではありません。

幸せなライフスタイルを提案しているのです。

そこには、やはり個人の主観ではなく、適切な学問が必要です。

まさに、この二つを取り入れることで、適切なアドバイスが出来るのです。

自分の為にも、また、世の中の為にも本当に大きな武器を持ちることが出来たのです。

この素晴らしい学問を教えて頂けた清水先生に、感謝です。

1年半有難うございました。これからも、さらなる知識アップの指導宜しくお願いします。

感謝、多謝です。

組織は、オープンが望ましいですね!

数年、我慢してきたのですが、昨日ついに行動しました。

私も軽く属する組織なのですが、そこのトップにたいして

多数の会員が、影でブースカ、表では超ゴマスリ、私のところには

日本中から、なにをしてほしいのか知りませんが、トップに対する

不平不満をわざわざ他県から言いにくるしまつでした。

意見が、あればはっきりと正面から、言えばいいのに。

まぁ、そんなメンバーだから、常識なんてあるわけありません。

仁義も恩義も、感じられませんでした。

自分の保身ばかりに一生懸命で、仕事もうまくいって

いないようです。こうしたメンバーに、今まで、かなり

我慢してきましたが、流石に今回は、もうかばいきれませんでした。

純真な心で行動している私の仲間に迷惑をかけても、反省のない態度には、

我慢の限界でした。その組織のリーダーに私が聞いてきたこと、私が感じたことなどの

総てを、告げました。

あれだけ皆が勝手な思い込みで恐れていたトップの方は、私の話を冷静に聞いてくれました。

電話だったので、正しく伝えれたかどうかは、分かりませんが、都合がつけばいつでも

逢いに来てくださいとの解答も頂きました。

理解しあうためにも、こうしたお話にも甘えるつもりです。

是非とも、訪問してもっと密に話したいと思います、

今回、私がとった行動には、多くの保身に走ってきた方が困るかもしれません。

しかし、そうした方は一部の上層部の方であり、一般の方の大半はそうではありません。

誰かが今回のような行動を起こさなければ、上記したような

現象があとをたたないのではないでしょうか。私は、今回の行動で、どのように、ことが

進むのか、先は分かりません。

いつものように、幹部会員が意見をする面倒な人間を抹殺して、もとのもくやみにもどり

彼らが、保身に生きるのか、はたまた、影で言っているような勇気を表に出し

保身よりも皆を思う行動をするのか、私には分かりません。

ただ、私自身は、私にどのような誹謗中傷が、あろうとも

今回の行動は、自分では正しいと思います。

上記した前者のような人間には、なりたくありませんから。

上場企業が、決算等を公開するように、組織や企業は、

多数の人間が集う場所です。多くをオープンにしなければ

誤解を生じます。この組織も、もっとオープンになってほしいものです。

素晴らしいものを持っているのですから、そうなれば鬼に金棒になり得ることでしょうね。

こうしたドロドロしたところは、特にオープンにするべきです。

そうなれば、陰湿な感情からくる、行動はなるなるのではないでしょうか。

なにはともあれ、皆が笑顔で尊敬する集団に変化することを期待しています。

私は、そのために行動を起こしたのです。そうなることを期待しています。

皆が、大人の心、愛ある心で行動してくれることが、私の望みです。

誰かが犠牲になる組織は、もう必要ないのではないでしょうか!

良き機会でした!

土曜の「愛知にんげんクラブ」のイベント、関係者の皆さん、お疲れ様でした。

結果的に、集客が少なかったようですが、今は、どのイベントも

集客は、かなり難しいみたいです。

よほどのビッグネームか、多額の広告費用を使うか、ターゲットの絞りこみを

強くした戦略を練るとかの、なにか特別な戦略が必要になるのではないでしょうか。

今回、こうした結果を目の当たりにして、私自身が、とても勉強させて頂きました。

今後の我々の方向性を見極めるのに、とても良い羅針盤になるような機会でした。

だから、私にとっては、ほんとに良いイベントでした。

良い機会をありがとうございました。感謝、多謝です!

赤塚さんのすごーく為になるお話!

以前、ブログに書かさせて頂いた翌日から、赤塚さんのセミナー申し込み殺到のようです。

実は、私は直接は聞いたことはないのですが、なんか凄いみたいです。

笑いあり、涙ありの楽しくて泣ける、そしてとても為になるセミナーと

聴講者の多くの方から耳にしてきました。

それらの声は、なんとなく分かるような気がします。

あの知識とあの想いの強さは、人並み外れたものがありますから。

人ではなく、もはや山羊の域です。

だから、メェーメェー吠えるのでしょうね。

伊勢神宮の話なんかは、きっと凄く為になると思います。

伊勢神宮と言えば天皇家の話をされるかと思いきや、ほとんどが、「おかげ横丁」

の赤福ばかりです。イスラエルの話は、クロスタニンという藻の健康サプリの話、

糸川先生の話になれば、宇宙船ではなく紙飛行機の紙を食べる話、

魂の話かと思えば、たくましい話だったりと、なんかこの外しかた、まさに関西人です。

こう列記してたら私も聞きたくなってきました。

私も、あの狂言が聞きたくなりました。

狂言親父の魂の雄たけびが、聞きたくなってしまいました。

というのは嘘で、出来れば聞かずに今世は終えたいものです。

そんなこんなで、出席依頼をされた方は、今すぐにキャンセルしたほうが、

懸命です。折角の休日を山羊の遠吠えを聞くのは、あまりにも、もったいないことです。

そんな暇があれば、山羊よりもジンギスカンでも食べてたほうがよほど幸せなのでは。

では、皆さん、くれぐれも参加しないでくださいね。

もし、参加する場合は、誹謗中傷、罵声、投石,タカリ、ユスリなんでもOKです。

そうした扱いになれば、草場ではなく草を食べる山羊でも故人でもなく、

狸顔で個人的に喜ぶ方が、きっといることでしょうね。

PS,ちなみに赤塚高仁へのクレームは、こちらからどうぞ!

にんげんクラブ愛知大会

今日は、にんげんくらぶ愛知支部のイベントです。

千人ほど、あつまるようです。

有難いことに、今回も講演をさせて頂けるようです。

多くの方に、神様が宿る家を知って頂ける機会を与えて頂きました。

最近、執筆したことが、きっかけで講演の依頼が多くなってきました。

7月には、日本経営者合理化協会の講演もあります。

なんと、その講演会のチケット代は、27万もするようです。

それだけ高額だと、いつも、ぶっつけ本番で適当な話しか出来ない私が、講師として

そのような高額のセミナーで講師をしていいのだろうかという不安な気持ちになってしまいます。

というのは、嘘で、全然気になりません。

良い、悪い、満足、不満足は聞いた方が、判断すればいいわけですから、

私は与えられた場を一生懸命こなすだけです。

たぶん、セミナーが終わると私の話が一番、良かったという声が大半なんでしょうね。

しかし、何の根拠もありませんが、なぜか、私は小さい頃から、こうした傲慢な性格のようです。

でも、傲慢なこの性格が大好きです。

自信を超えたこの思想は、きっと世の中では過信というのでしょうね。

それが、なにか!