自由とは責任!

一昨日、この大ボラ吹き営業のこやつから連絡があり、バイオマスの市の認可も

問題なしで、土地が決まったとの連絡がありました。

土地問題で、難攻している私は、焦りました。

だって、来年の3月までに売電契約すれば、売電価格も高額なことから

年5千万の発電なのです。4年で、投資回収出来るのです。

そんなことで、焦っている元ヤンの澤田です。

 さて今日は、この美女のお話でも。

先日、テレビで、西川史子さんの母親が作った家の家訓が、紹介されてました。

良い悪いは別として,西川史子さんの人間像形成に大きく影響しているように

私には感じました。では、ここで西川家家訓を列記してみます。

1、集合写真は必ず真ん中で写れ

2、使えるコネは、使えるだけ利用せよ

3、学校の先生にエコひいきされる人間になる

4、人の悪口は、家でおもいっきり言え、ただし外では絶対に言わず、社交的になれ

5、勉強さえできればいくらでもお金は使ってよい

6、体育では、体力は温存して全力は出すな

7、図工や家庭科の提出物はプロに頼め

子供にこの教育です。凄い親です。きっと正直な方なんでしょうね。

西川さんのお母さんは、インタビューでは、「女性として一人で生きて行けるようにしたかった、

それには、医者にするしかないと思った。どうせ、大人になって知ることなので、子供の時に知って

おいたほうがいいと思った」というようなことを、言っておられました。

私的には、こうした教えは大賛成ですね。

ただ、澤田家には一切教えはありませんが。

総てご自由にという方針です。結婚したければすればいいし、したくなければしなければいいし、

勉強したければすればいいし、したくなければしなければいいし、

どんな生き方をしようが、総ては自分の人生です。

また、総ての考えや行動は、何かしらの形で自分に帰ってきます。

家訓がないのは、家族であれ思想を決めつけることは、したいとは思わないからです。

ただ、郷に入れば郷に従えという諺があるように、何かを目指す集団に自分の意思で属した場合

は別です。目的を達成する為に最低限、必要な思想、行動、ベクトルは揃えなければいけないと

思います。それも出来ないのは、その集団をやめるという自由な選択をすればいいのです。

というように、皆、どの立場であろうが、一般的に総ての出来事は自分で決めているのです。

自由になればなるほど、責任というものが、ついてきます。

自由な世の中に生きている私達は、責任ある行動をしなければいけないと私は思います。

神宿を扱う我々の責任は、なんなのかを各自で自覚した行動をとって頂きたいものです。

 

 

 

神宿認定証 

先日の会議で、「神様が宿る家」の認定について質問がありました。

それは、ある業者が写真を撮り忘れた、完成保証に入っていなかったけど

認定してもらえますか。写真は撮り忘れたけどやるべきことはやっています。

神様が宿る家の認定ルールは、昨年の4月に決定したことであり、

その現場は以前の契約だからという理由を言われました。

結果、私の出した答えはNOでした。神宿の認定ルール設定は、昨年ですが、

完成保証加入は3年ほど前に全棟加盟というルールがあったからです。

また、写真を撮り忘れるなどは、もってのほかです。

今後も、そうしたミス等も出てくるとは思いますが、

一切、ルール以外のことは受け入れません。

それが原因で裁判になろうが、家を解体することになろうが、

私は、第3社としての立場で、公平に任務を全うする義務があります。

会員の皆さんも、心して神宿の家造りに励んでください。

我々は1ミリの嘘もない家造りである

「神様が宿る家」を造っているのですから!

あえて名前は言いませんが、そちらさんも こちらさんも気を引き締めてくださいな。

史上最低

この人の口癖に、「花には蝶、ウンコには蠅」という言葉があります。

その言葉を自分に置き換えてみると、まさにその通りでした。

ウンコの私には、蠅がビッシリ集まってきました。

ビッグマウスの私の周りには、赤塚さんに笠井さんという能書きたれ。

恫喝的で、威張り口調の私には、憎まれ口の安藤さん。

大風呂敷の私には、細川という盛り盛りトーク男が。

いい加減な私には、超KYの長谷川が。

オーバートークの私には、口だけセールスの和波が。

大天狗の私には、子天狗の立田。

人いびりの大好きな私には、火に油を注ぐ船田が。

争い大好きな私には、酒呑むと大虎の大暴れの平塚が。

まさに、ウンコに蠅です。なかには、蠅でもないのに、ウンコの私によってくる生物もいます。

アズ、小田原、村岡、太田さん、このメンバーは、私との共通項がないように感じましたが、

みんな、私と同じようにお金好きでした。やっぱ、君らも蠅じゃん。

人は、自分の鏡。類は類を呼ぶ。とはよく言ったもんです。

きっと、史上最低最悪の集団ですな。シャバにあったら迷惑なこの集団と似てるのですから、

たびたび、世の中でバッシングされのも分かる気がします。

世の中からは最低と思われても、最も低いということは落ちるところないから

安心なのです。ということは、最低とは、安心ということです。

メデタシ、メデタシ!

 

体罰 

柔道会や桜宮高校での体罰が、世論を騒がせています。

これ、なかなか難しい問題です。

我々の学生時代では、当たり前のことでした。

私も、たくさんの体罰を受けてきましたが、もし、若い時にこの経験をしていなければ

と思うとぞっとします。生まれた家は、私が中学までは大工の丁稚制度があり、

当然ながら今の家庭にはない厳しさがありました。

中学、高校の時の野球部では、もちろん、毎日数十発は、先輩だけでなく

監督、コーチ、部長という指導者からも殴られていました。

先輩が黒と言えば白でも黒でしたし、昨日、黒の物が今日は白になっており

昨日と同じ答えをするとボコボコでした。とにかく、理不尽だったのです。

また、高校卒業して大学で野球部に入ったのですが、

そのレベルでは通用せずに、なぜか大学生なのにテキ屋さんをしていました。

このテキ屋さんも、マジ、厳しかったですね。

なんせ、私が入ったそこは、人を痛めつけるのが専門の職業の方が、経営しておられましたので、

理不尽の塊のようなものでした。ある時、焼きそば用のキャベツを洗っていると

「バカ野郎、何、もたもたしてんだ。ヤ〇ザが、キレイ好きでどうすんだ。」で、ボコボコ。

雨降りで客が来ずに売上が少ないと、「テメーの根性がねぇから雨に降られるんだ。

雨が降ろうが、槍が降ろうが仕入れたもん、全部さばくまで帰ってくんな」で、ボコボコ。

他にも、ここには書けないことがいっぱいありましたね。

でも、私は、なんか、こういうの大好きでした。

矢沢の永ちゃんじゃないけど、俺ってこういう凄いことやってるからビッグになるんだと

いつも思ってたから、ニヤニヤしてると、「人が、怒ってるのに歯見せるな。なめとんのか」

で、ボコボコ。今から思えば、本当に懐かしいですね。でも、もうやりたくないですけど。

ただ、一般では経験出来ないことを、経験したことで、

我がままな私ですが、かなり緩和されたかと思います。

だから、私には体罰が非常に役に立ってます。

まぁー、うちの場合、この人が見られた映画の主人公のような親父でしたから、

体罰を受けても、蚊に刺されたくらいの感じでしたから、

私の感じ方と他の方は違うので参考にはなりませんが、

私にとっては、とても必要なことでした。まぁ、とても難しい問題だと思いますが。

体罰うんねんよりも、叱る側に愛があるかないかが、大事なことだと思います。

一番、必要なのは、やはり心ですね。

そうそう結論としては、体罰はダメということで。

 

 

やっぱ好きやねん!

住環境や住まいネットの勉強会では、全国の仲間が集合するので、

150人ほどの集会になってしまいます。以前、まだ小規模のころは、

全員で懇親会をしていたのですが、流石に、この大人数になると

収容できる場所が限られるため、最近、懇親会は開かれてません。

私も、最近は静かに呑みたいので、5-6人の仲間と約束をして

居酒屋などに隠密行動をするのですが、いつでも、どこでも数分もすると20人ほどの人数に

なってしまいます。なんか、我々の仲間は、鼻が聞くのか、

私の知らないうちに大所帯となってしまいます。

この前も、皆、なぜ一緒に仕事をしているのかという話になり、

皆、「やっぱ好きやねん」と、あっちこっちで声があがってました。

私も同感です。「やっぱ好きやねん!」