貪欲さ必要ですね!

様々な研修やセミナー終了後にアンケートを取ります。
そこには、「澤田さんは、ファミリーばかりを相手して、
ファミリー以外の業者をないがしろにしている」というお言葉を度々頂きます。
私としては、ボランティアで多くの会を応援しているので、
そうしたアンケートには正直、カチンときてました。
ボランティアして一生懸命行動しているのに、文句言われる筋合いないと思うのですが。
以前、こうした気持ちでした。
しかし、今年からは、考え方変えました。
とにかく、好きな会社であろうがなかろうが、良くすることに尽力することにしました。
それが、結果として世の中を良くすると思ったからです。
しかし、私がそうした行動をしても、アンケートにクレームを書いた方が
私が開催する勉強会等に出席されないのです。
いくら、私が努力をしても
本人がやる気になって頂けなければどうしようもありません。
その点、ファミリーは、とても貪欲でした。
このお猿さんなんかは、365日、日本中、私を北海道から沖縄まで追っかけてきました。
他のメンバーも、同じようなところがありました。
だから累積赤字マイナス1億のメンバーの殆どが、
数年で経常1億ほどを上げるという奇跡を起こしたのだと思います。
今年、奇跡を起こすのは、この真っ直ぐさんでしょうね
期待しています。

命を懸けてきてくださいね!

今日は、東北の震災成金さんのところでコンサルです。
明日は、そのグループの東北のメンバーへのコンサルです。
もちろん、以前、このブログで宣言したように無料です。
本当に真剣になってます。
とにかく、私の周りを良くすることに真剣です。
コンサルを受けられる側も真剣な気持ちで来てください。
中途半端な気持ちでは、私についてこれません。
世の中を良くするためには、まず、自分が良くなることが必要です。
その為には、命懸けの気持ちで行動することが必要だと思います。
私の今ある総ての知識、思考、能力を命を懸けて伝えます。
覚悟してきてください。
宜しくお願いします。

あなたは信じますか。

「今年はこの方角がダメですよ。」
皆さんは、信じますか。
私は、一切信じません。
全員に同じことが当てはまるのでしょうか。
きっと、大昔にどこかの権力者が何かの目的に言ったことが
未だに伝わっているのかもしれませんね。
やりたい時期にやれることに感謝して全力で生きる
何か行動を起こせば、良いことでも、悪いことでも起きるものです。
こうした気持ちで、私は生きてきましたし、
これからもそうした気持ちで生きていくつもりです。

実践的な指導

5月に行う社員教育セミナーの私以外の講師の先生は、
医療業界で一般常識を教えてこられた方です。
今まで私も一般常識の講師の方には、何人もお会いしましたが、
どの方も教科書のような教えで実践的ではありませんでした。
しかし、今回の講師の方は、その状況に応じた笑顔の作り方、目線とか、
直ぐ実践に使える指導法です。
そうした指導法で、上から目線が当たり前の医療業界にメスを入れてこられました。
そうした結果、多数の医院が行列の出来る医院となりました。
これは医院が儲かるという効果ばかりでなく、
患者さんにもとても良い結果をもたらしました。
患者さんは、体のどこかが悪くて病院にいくのです。
体が悪いとやはり心もめげているはずです。
そうした精神状態で、笑顔もない上から目線でキツイ口調で扱われたら足も遠のきます。
また、病は気からという諺もあります。
高圧的な態度で接っしられたら治る病気も治らない人もいたかもしれません。
まぁー、多くの方が実践的な教育により、幸せになったということです。
そんな医療業界専門の講師の方に指導いただけることになったのです。
やはり、私の力は凄いということで、はい、皆さん私に感謝してくださいね(笑)

社員教育

中小企業って、多数の理由から社員教育が、なかなか出来ません。
金がない、時間がない、やり方が分からないという理由かと考えがちです。
もちろん、そうした理由も間違いではありません。
しかし、一番、大きな理由は、経営者が社員教育はそれほど重要視していないからだと思います。
私の教え子のなかで、数字が著しく伸びたのは、このナルシスト社長とこの小生意気小僧です。
この2人は、もちろん、社員教育だけでなく商品も見せ方も多くの方が一生懸命になる
営業、商品についても一生懸命、努力してきました。
しかし、それだけでは、本当の力はつきません。
社員に対して真剣に向き合って教育したように私にはみえます。
しかし、いくらこうした話を聞いても社員教育を自社で行うのは、やはり大変です。
私自身も自分の社員の教育は、今でも出来ていません。
他者の社員には、クイックレスポンス、スピード、数字を言いますが、
自社ではまったく、そうした教育をしていないことから社員が育ってません。
今回、こうしたことから、外部講師を招いて共同で社員教育することになりました。
昨日、案内をしたのですが、すでに10社以上からの申し込みがありました。
やる気のある方は是非どうぞ。
PS,社員数3名以下の会社は経営者の出席も可とします。