長いおつきあいは安心です。

昨日は、神奈川セミナーでした。
たのしかったです。
最近セミナー、楽しんでます。
セミナー協賛の相陽建設さんとはかれこれ10年のお付き合いです。
とてもいい会社です。安心して話しできるのも楽しめる原因なんでしょうね。
今日も、これもまた10年以上のお付き合いのある木村建設さん協賛セミナーです。
多数の方のご来場とうかがっています。
では、適当におしゃべりしてきます。

日本ベンチャー大学

昨日は、ベンチャー大学で久々に講義させていただきました。
いつ、お邪魔しても若い人はいいですね。
目が、輝いてます。貪欲です。素直です。
ここは、大学といっても一般的な学校とは違います。
大学を卒業した男子のみ、1年間あずかり真の日本国男児に育てるという
目的で教育しています。学生の授業料は、無料で、企業等からの寄付金により
運営されています。私も微力ながら協力させていただいています。
一般的な授業は、行われず、午前は日経新聞を皆で読ンで発表、
午後はいろんな業種の方が講師として招かれ手の講義または、
学生の将来のビジネスの夢に対する質疑応答です。
とてもユニークなこの学校を、私は大好きです。
学生の皆さん有難うございました。
また、秋にお会いしましょう。

継続は力なり

何回、注意してもこいつはブログ更新しないですね。
鶴ベイ師匠似のこいつなんかは、3月から更新していません。
本当にやる気あるのでしょうかね。
こんな会社に家造り任せたら、途中で飽きちゃって工事がストップしないか心配です。
その点、この人はがんばってます。もう一人、最近、この人もがんバリ始めたようです。
この二人は、知恵が普通の方よりはおとりますが、一生懸命のところがいいですね。
「ローマは1日してならず」
毎日、一生懸命、努力してなおかつ継続が大事ですね。
澤田ファミリーの皆様、継続は力なりですぞ!

被災地支援

なんとか被災地へ送る車が手配できました。
震災から軽自動車がとにかく手薄になっていたようです。
軽自動車は、車庫証明いりませんから、避難所でもどこにいても購入できるようなので
人気のようです。
今回の震災で人間模様が様々です。
私の仲間のトラストホーム平塚社長のように、とにかく純粋に被災地の方のために
尽力する人、売名行為でのボランティア、寄付する人
税金対策を兼ねて赤十字に寄付する人、被災がビジネスチャンスとばかりに金儲けを試みる人、
いろんな方がおみえになります。人間模様さまざまですね。
今の私は、平塚社長の生き方が大好きです。応援は惜しみません。
けれども、私が20代だったらどうだったでしょう。
きっと、ビジネスチャンスとばかりに金儲けを考えたかもしれません。
そう思うとぞっとしますが。
ある程度の歳月を経たおかげで、今の考え方になれたのかもしれませんが、
そうした行動を起こさなくてよかったと思いました。
これからも、まだまだ、復興には大きな支援がいるようです。
一人でも多くの方が、そうした心をもってほしいものです。
特に、組織のリーダーさんなどは、影響力が大きいので、
もろ手をふるって復興支援をしていただきたいと思います。
私の周りにも、いろんなリーダーがみえます。
リーダーシップをいかして支援活動を陣頭指揮する方もみえれば、
普段から言葉だけは良い心を説いて、積極的に行動しない人もみえます。
自分がこうした組織のリーダーを信じているとなんか、がっかりしてしまうものです。
たしかにボランティアは、難しいものです。
自分の自己満足でやることかもしれませんが、そんなことは、今回はどちらでもいいかなーっと。
結論として、必要としている人に必要なことが少しでも届けばいいのでは。
そんなことで、皆さん、東北支援の心を一人でも多くの方に、そして継続をです。
私もがんばります。

復興支援の決意

澤田ファミリーの一員であるトラストホーム平塚社長と土曜日のセミナーで
お逢いして感銘受けました。
被災地の義援活動に尽力してみえます。
月の半分以上は、宮城県で炊き出しやら医師の派遣活動で体を使ったボランティア活動。
軽トラックに自転車を10台ほど積載して車ごとの寄付、毎回数百色に及ぶレトルト食品、
米等の物資の寄付等とにかく出来る限りのことを、行動してみえます。
自らの車も、埼玉から宮城に通うためにハイブリット車を購入されたほどです。
金だけを、ただ振り込んだだけの私とは、比較になりません。
本当に頭が下がります。
復興には最低5年はかかるると言われています。
彼の活動に感銘を受けた私も出来るだけのことは、応援しようと決意しました。
平塚社長にとりあえず一番、今、何をすべきか問いたところ、軽自動車を5台ほどシェアさせたいとの
ことで、車の寄付をさせていただきました。
(車といっても1台、10万ほどです。)
他にも、長く活動をしたいということでNPO等の団体の結成することになりました。
震災が起きて3か月ほどが経過しようとしています。
義捐活動の心も少し薄れてきたかなと思います。
是非、継続の心を国民、皆が持ち続けることが大事かと思います。
今日、私がした行動をここに書いたのも、皆で復興までは支援しましょうとの意味を込めて
書きました。
被災地の方は、行動しようという気持ちがあっても出来ないのが現状です。
こうした状況の時は、真の利他の心で行動してほしいものです。
親分肌の私のもとには、こうした状況の時でも自分の利のために相談に来られる方が
多数みえます。すいませんが、今は、被災支援を優先させていただきますので、
ご了承ください。