答え

ある方が「澤田さん、香港の財テクの話

ブログに書いて、また、パクられませんか」

結論として大丈夫です。香港で利回りの良い

貯蓄や保険に入る事は、それほど難しくあり

ませんが、それ以上に大事なのは安心安全で

あるかという事です。私が紹介する会社は

とても健全で経験もあり、日本にサポート

センターもあります。このビジネスを始めて

20年、5万人の日本人が利用しています。

生半可にパクって付け焼刃のようにやれば

すぐに崩壊してします。

海外の投資経験の長い私が吟味し、安心

したからこそ財産の大半を移す事にした

のです。まぁ、こうした理由からも

パクっても、そう簡単には上手くいかない

のです。それが、答えなのです。

 

恩返し

「ゼロ宣言の家」は、ノーメンテナンス

ローランニングコスト、健康、耐震と

家の性能は、ほぼ完璧です。

その為に、完璧な材質を使用しています。

また、ほぼ手作りです。そうしたことから

やはり他の住宅と比較すれば割高な事から

なかには「良いのは分かりますが、将来が

不安で」という声を聞くこともあります。

しかし、最近では香港での財産管理を

伝えると、殆どの方がそうした不安から

解消されるのか、積極的に家の購入の

意思を伝えられます。今迄の私は、家の

性能さえ良ければ家は売れるに違いない

との想いで、そのことばかりを追求して

いました。しかし、今回の増税を始め

30年もの間、給与も上がらなインフレを

勉強した事で、ユーザーの経済を守ること

も大事だと痛感したのです。

そして、最近のブログに書いた行動を

とったのです。色々な発明もしてきた私

ですが、断トツに経済アドバイスを皆が

喜んで頂いています。消費税が、数%あがる

なんて微々たることです。

増税が決まった後でも、皆がこぞって家を

購入しようとしています。

私の厳しい指導にも真摯に従って頂けた

会員工務店さんにも、大きな恩返しが

出来たかとも思います。

ゼロ宣言の家が、タダで持て、老後の生活

資金が持てる安全な手法なのです。

建てない方が、不思議なのです。

 

財産

最近のブログを読まれた方の多くが

「澤田さんは、財産をどうするのですか」

と言われます。

答えは、有事に備えて急に日本円が必要な

金額の数百万だけを円で残し、残りは外貨

及び外国の不動産に変えます。

まず日本で入っている保険は全て解約

定期預金は金利4%の香港の保険で預金。

あと余裕のある金額は、平均利回り12%

のファンドで運用。後は、不動産です。

現在もアメリカに数件の住宅も保有して

います。その住宅は、賃貸としていますが

それが目的ではなく、こちらも運用なのです。

アメリカの住宅は年利9%で値上りするのです。

また、年間1棟500万以上の節税も出来るのです。

上記のような運用をしていれば、5年程で

財産は倍になります。また、10年後には

円は、暴落するのは間違いないですから

10倍程になる可能性もあるのです。

ざっと私はこんな感じです。

こうした現実を伝えるだけでなく

希望する方には、私の財産管理を

依頼している現地法人スタッフも

紹介します。そこは、日本にもサポート

センターがあり、とても安心なのです。

家だけでなく、経済のサポートをする

事で、裕福になって頂き、安心して

ゼロ宣言の家を持って頂き、幸せな方

を増やしたいものです。ご興味ある方は

お問合せ下さい。

 

 

反響

ここ最近のブログを読まれた方から

多数問合せを頂きました。

で、その多くの方が、海外での預金

保険は不安、リスキーではと。

答えは、日本より断然安全。

国際格付けも、世界トップクラスの

銀行、保険会社ばかりですし

香港では銀行、保険会社は倒産させては

いけないという法律もあります。

それをサポートするのも香港で起業

18年の法人企業です。

また、円は、持っているだけで円安に

なり危険すぎです。日本は、輸入に頼って

いることから、日本にいれば為替は関係ない

と思われている方は、大間違いなのです。

グローバルな現代です。政府、マスコミ

銀行、保険会社などの戦略に、はまらない

知識を持ってほしいものです。

 

 

保険のカラクリ

数十年前にアメリカの圧力で日本にも

外資系の保険会社が出来ました。

その当時、アメリカ側は手数料が5千円

程度を提示したところ、日本の保険の手数料が

3万程なので、日本の企業を守る為に2万5千円

くらいにして欲しいと依頼したそうです。

だから同じ外資銀行の同じ保険でも

海外で加盟するのと日本で加盟するのでは

雲泥の差があるようです。

そんなことから外資の保険会社からすれば

日本はドル箱で稼ぎまくっているのに

税金は日本で落とさずに自国で払って

いるとのことです。

国民を苦しめた挙句、税金ももらえない

政府は、なんて情けないのでしょう。

そうした事情を知った事から、最も健全と

言われる香港に渡り、他の国と同じように

低額高補償の保険、高金利の預金が日本滞在

日本人でも出来るシステムを構築したのです。

このシステムを利用することで、未来の

余裕ある財産を築いて頂きたいものです。

興味のある方は是非ご一報下さい。