度量

「ゼロ宣言」の家は、一応、工務店のエリア分け

をしていますが、どの地域の工務店を選ぶかは

もちろん自由です。工務店も、そんなことで、文句を言う

方はいないと思います。もし、違う地域の業者に

仕事を取られれば、冷静に自社の能力のなさを

反省し、それをうめる努力をする方の集まりだと

思います。そんなことで、ギャアギャアわめくなら

経営なんてやってはいけないとおもいます。

成長もありえません。そんなトップの元で

働くスタッフも大変です。

経営者をやらせていただけることに感謝して

周りを幸せにするために、たえまない努力をすること

で、度量も大きくなるのではとおもいます。

それが、経営者の本来ある姿では。

 

FM愛知

昨日は、FM愛知の収録でした。放送は、29日、日曜の7時

からだそうです。ただ、大したことは、話してないので

聞いたところで、あまりためにならないかもです。

まぁ、ラジオ局とやらに入れたことは、良かったです。

来年は、レコーディングによんで下さいとお願いして

きましたから、歌手デビューもそろそろかもです〔笑〕

そんなこんなで、楽しい時間でした。

 

 

開拓

私は、23歳で親の借金まるけの工務店を継ぎました。

当時は、その境遇は、嫌でしたが、今から思えば

本当に感謝しています。もし、経営が良い会社を

継承していたらと思うとぞっとします。

今の自分は絶対にありえません。

年中無休で朝は5時におき、深夜まで借金を返すために

命がけにやったことが力になっているのだと思います.。

とにかく、契約をとり仕事をこなさないと倒産なのです。

言い訳をしている時間もありません。

やるしかなかったのです。それが、今現在の生き方の原点なのです。

だから、マイナスであろうが、先が見えなかろうが

それが楽しいのです。成功が約束されているビジネスは

金が儲かるだけのことであり、やる意味がありません。

自ら切り開く、それが楽しいのです。

お先真っ暗、狭小ビジネス、ワクワクします。

 

住宅展示場では教えてくれない本当のこと

ずーっとサボってた執筆完了しました。

題名は「住宅展示場では教えてくれない本当のこと」

です。で、題名の通り、本当のことを書きました。

多分、本当のことを書いてしまったことで困る方も

多数おられるかと思います。しかし、ここでその方の

人間性が出ると思います。ヤバいと思い、自社のビジネス

を改めるか、私を攻撃するか、見てみないふりをするか

その立場の方が、どういう行動をするのかが楽しみです。

発売は、11月半ばくらいになりそうです。

まぁ、反響が楽しみなものです。

では、お楽しみにです。

役割

仕事が、出来るできないかは、それぞれの

立場で違ってきます。部長、課長以上は

自ら数字を作り出すモデルを提案しなければ

いけません。社長は、その提案について判断

しなければいけませんし、すべてを見て把握し

方向性を決めなければいけません。社員の志気を

あげなければいけません。社長が、それらを

しないで、労働だけをしていれば社長失格です。

また、それらが出来ても利益をあげれなければ

話にもななりません。また、オーナー社長は

働いても良いですが、株主、オーナーのみの

場合は、仕事をしてはいけません。現場に介入

してはいけません。人が育ちません。

社長、役員を任命し、決算の数字を見て報酬

や契約の更新の有無を判断するのが仕事です。

それぞれの役割を、それぞれが、まずは理解

しなければ、経営は成り立ちません。

まぁ、当たり前すぎることですが、恥ずかしい

話、これらも理解していないのが、偉大なる

中小企業の現実なのです。トホホ!