免疫音響チェアー

1200もの特許をお持ちの西堀貞夫先生の

大発明である音響免疫チェアーが、鮒瀬俊介

先生により書籍化されました。

その発表会に私も講師として参加することに

なりました。是非、興味ある方は参加して

ください。参加費四千円ですが、一万円もの

粗品が進呈されます。

 

 

想い

想いが、形になるとはまさにそうかなと。

昨日セミナーを開催した大阪と東京に

拠点があります。入会2年で今までは

セミナーへの参加人数も低く成果が

出ていませんでした。それでも、諦める

ことなく、広報にも力を入れ真摯にやって

おられました。とにかく、一喜一憂ではなく

先を見据えた経営をされておられます。

そうしたところ前回は、4組ほどが契約

見込、昨日も同じくらいの方が見込みと

なりそうです。この会社の想いが、形を

なっていると実感なのです。

 

 

 

算数

ゼロ宣言の家を扱う業者の中には

この住宅不況でも、売上を著しく伸ば

している業者があります。

特に愛知の無添加住宅、広島の

小田原ハウジングは、前年対比倍増

しています。では、なぜ、この2社の

売上が大きいのかといえば、メチャ

シンプルなことなのです。

それは、過去数年のセミナー回数が

他社よりも断トツに多いからです。

いくら良い物でも、告知をしないと

広まらず結果が出ないのは当然です。

駄目な経営者は、売上が下がると

営業経費を削ります。逆に出来る

経営者は、当たり前に増やします。

企業の業績の良し悪しは、経営者の

判断ひとつで決まると言っても過言

ではないのです。

経営とは、簡単な算数なのです。

アポ

国交省のお役人とのアポとれました。

うちの問題だけでなく、違法建築が

いとも簡単に出来てしまう建築業界の

あり方の改善について提案しようかと

思います。一生に一度の大きな買い物

をされるユーザーのことを真から思う方

なら、そちらに動いてくれるはずです。

そうでなければ刺し違えても、行動を

起すつもりです。住宅業界の為にも

正しい方向にいかなければいけません。

誰かがやるしかないのです。

 

 

縁の下の力持ち

三年ほど前に、お世話になっている某大学の

教授の方から、その大学の学生が強盗事件

をやらかしてしまい、3年の任期を終えて出所

するから面倒を見てほしいと言われ3年ほど

預かったことがありました。

と思ったら今度は、ある事件で高校を退学に

なった子を預かることに。

周りからは、こうした時に反対されますが

「罪を憎んで人は憎まず」と本心から思って

いる能天気な私は、おかまいなしです。

世間の風評なんかよりも、人を愛すること

が大切なのです。彼らが世の中を見返す

縁の下の力持ち楽しいのです。